後飾りの飾り方を知れば得!
必要な仏具など教えます。

後飾りとは?その意味を紹介


後飾りとは?

後飾りとは、葬儀が滞りなく終わり、遺骨や仮位牌が自宅に移った時
四十九日の忌明けまで、それらを安置する為の祭壇を指します。


関西側では中陰壇とも呼ばれています。
通夜や告別式に参列できなかった人が弔問に訪れる場合、この祭壇にお参りすることになります。


一般的な後飾りは、二段か三段の祭壇を用いり、骨壺箱や遺影、仮位牌、線香、供物、花などを置き、
四十九日の間、その祭壇にて故人を供養します。


家に仏壇がある場合はその前に置く事が多いですが、無い場合は部屋の北もしくは西に置くことになっています。
忌明けまで毎日ろうそくで灯明をともし、一本の線香を絶やすことなく焚いて、故人の旅立ちを祈ります。


そもそも、なぜ後飾りが必要なのか?何の為に行うのか?
疑問に思う方は少なくないと思いますので、ご説明したいと思います。


まず、後飾りは49日の間、飾り続けます。


この49日という期間は、どういう期間なのかというと、全ての仏教で当てはまらない部分もありますが
一般的に多く認識されているのが、死んだ後の49日間は故人が仏様になる為の、いわゆる修行の期間と解釈されています。
この期間の事を「中陰(ちゅういん)」と言います。


葬儀に参列、または執り行った方などは、耳にしたことがあると思いますが、「初七日」という言葉があります。
この初七日は亡くなった日(命日)から七日目の事を指し、この日から一週間づつ故人には仏になる為の試練があり
全部で7回あると言われています。


7日×7回=49(四十九日)という訳です。


最近では、葬儀・告別式の時に合わせて「初七日法要」も執り行う葬式が多くなりましたが
本来であれば、命日から数えて七日目の「初七日」に当たる日に、亡くなってから初めての供養として法事が行われていました。
つまり、初七日から四十九日まで計7回の法事を行っていたという事です。


何の為に7日ごとに法事を行っいたかというと
先ほども話した様に故人には、7日ごとにそれぞれ違った試練が待ち受けており、仏になる為には
その試練を乗り越えていく必要があるとされています。


仏になる為の試練は、想像以上に過酷という風に昔から仏教では教えられていたため
昔の人は、「故人が少しでも楽に試練を乗り越えられる様に」と7日ごとの試練の日に供養をしていたという事です。


また、昔の人の多くは家に仏壇がありました。
仏壇は仏が祀られている所なので、まだ仏になっていない故人の位牌は入れることが出来ません。
ですので、故人の仮位牌を安置する場所と、7日ごとの供養をする為に、この後飾り祭壇が必要になったという訳です。


故人の供養の為、一つの知識として知っていただければと思います。






後飾り祭壇の飾り方について


後飾り飾り方

葬儀が終わった後は、遺骨と仮位牌を自宅に持ち帰える方がほとんどだと思います。
今では地方でも、四十九日法要の時に埋葬される方が増えており、葬儀当日に埋葬される方は徐々に数が減ってきています。
その為、ほとんどの方は遺骨も一緒に自宅へ持ち帰ります。


遺骨と仮位牌が自宅に移動となると、後飾り祭壇が必要になります。
大体の葬儀会社では、後飾りも料金に含まれている事がほどんどですが
後飾りはそんなに難しいモノではなく、必要な物とやり方さえ分かればすぐに誰でも出来ます。


また、料金としては約2万円程が葬儀料金の中に後飾り代として入ってきます。
2万円あれば、そのお金でそこそこ大きいサイズの位牌が購入出来ます。


後飾りは49日の間で必要になるモノで、それ以降は基本的に不要になりますから
ほとんど場合は破棄されてしまいます。


中には、新盆の時の盆棚として上手く再利用している方もいますが
新盆の棚飾りは、地域によって形や飾り方など変わってきますので、必ずしも盆棚として使えるとは言えません。


さて、後飾りを設置するにあたり何が必要になるか、ご説明したいと思いますが、基本的に仏壇をお持ちの方が適しています。
仏壇をお持ちでない方は、葬儀会社にお願いする方が良いと思われます。


なぜ仏壇を持っている方が適しているのかというと、仏壇で使われている仏具が後飾りに使えるからです。


基本的に葬儀会社で後飾りをやってもらうと、それ用に白の仏具が用意されます。
その白の仏具は、新盆の棚飾りを行う方であれば、その新盆の時まで使う事が出来ますが、新盆の法事が終われば
後は不要になってしまい、処分するほかありません。


新盆の法事を行わない方もいらっしゃるので、その場合は四十九日の法事までとなります。
葬儀関係では、“その時”に使用する物が多くあり、その時が終われば基本的に処分する物が多くあります。


使い捨ての物の為に、高額なお金を払うのも内心無駄にも思える方は、やはりいらっしゃるのではないでしょうか?


使い回せる物があるのであれば、出来ればそういった物を使っていきたいと思うのが、一般的とも言えます。


【後飾りで使用する物について】

・2段か3段の棚(階段状になっている物)又は台

・白い布

・香炉

・線香立て

・蝋燭立て

・花立て

・鈴(リン)

・鈴棒(鈴を叩く物)

・写真立て(額の裏にストッパーが無い場合)



以上が後飾りに必要な道具類です。
仏壇をお持ちの方は、香炉など仏具類は持っていると思いますので
別途用意する物としては、後飾り用の祭壇・白い布の2つになると思います。


次に後飾りのやり方をご説明します。
まず土台となる棚が必要になります。


小さな机や箱など、後飾り祭壇として使えそうな物を用意し、2段か3段、階段状になる様に重ねます。
その後、全体を覆いかぶせられるぐらいの白い布をかけます。


小さな机や箱などない場合は、段ボール製の2段または3段の後飾り用の棚が通販などで売られています。
価格は送料を含めて約4000円からあり、付属で写真立てなども含まれていますので、ご購入して用意されるのが
よろしいかと思います。


その場合、白い布が不要になる場合もありますので、ご注意下さい。
また、段ボール製ですのでお線香やロウソクなど、火の取り扱いにも十分注意して下さい。


祭壇が出来たら、下の図の様に必要な物を載せていきます。

仏式後飾り


仮位牌の両脇や下段の空いているスペースに必要なお供えをします。


また、仏式以外にも、神式、キリスト教式などがあり、それぞれ飾るものやしきたりなどが異なります。


【神式の後飾りの場合】

神式後飾り


【キリスト教の後飾りの場合】

キリスト式後飾り


仏式では四十九日まで飾り、神式では五十日祭くらいまで飾ります。
キリスト教式では基本的に後飾りという文化はありませんが、日本の葬儀において仏式の一部形式の流れを取り入れ
日本国内で独自に生まれた形式になっています。
キリスト教式では、埋葬の日まで飾ります。


四十九日や五十日祭の法要を終えると、この祭壇は不要となり、処分することになります。


地域の分別ごみとして処分しても問題はありませんが、ごみとして処分することに抵抗がある場合は
葬儀会社に依頼すれば有料で処分してもらえます。


故人を偲ぶ為にも、知識として知っておくのは決して無駄な事ではないと思います。
また、こういった葬儀関係の事は、経験する頻度が少なく、学べる機会があまりないので
家族や親戚が不幸に直面した時などに知識として伝える事も、以降の世代には重要な事ですので
不幸事とはいえど、しっかり教えてた方が、自身の葬儀になった時もちゃんとした葬儀を執り行ってくれると思います。






後飾りにお供えする物とは?


後飾りお供え

葬儀が終わり、その後は自宅にて後飾りを行うのが一般的ですが、大体の設置に関しては
葬儀会社が行ってくれるところが、ほとんどです。


そして、四十九日までの供養の仕方も説明してくれますが、基本的には口頭での説明で終わってしまいます。
それだけで憶えられる方には問題ないと思いますが、葬儀後もやる事が山ほどあるので、細かい所までは
さすがに憶えきれないのではないでしょうか?


特に、四十九日の間、お線香をあげる以外にお供え物もあげなくてはなりません。
基本的に必要なお供え物はどういう物がいいのか?また、どのタイミングであげればいいのか?
新しいお供え物は、どのタイミングで交換するのか?など以外に細かな部分は分からない方が多いようです。


今回はそれらについて、一般的に多い仏式で説明したいと思いますが、宗派によって異なる場合もありますので
参考としてご覧いただければと思います。


【必要なお供え物として】

・新しいご飯

・お水

・お茶

・焼き菓子

・水菓子(果物)

・お膳

・生花

基本的なお供え物になります。


お供えするご飯やお水・お茶に関しては、毎朝皆さんが朝食をする前に、お供えします。
その後は、そのままにするのではなく、大体5分後ぐらいには下げてしまって、朝食と一緒に召し上がります。


よく、お供えしたらご飯がカピカピになるまで、あげっぱなしの方がいらっしゃいますが
そのような状態になってしまったら、せっかくのご飯が勿体ありません。


故人にお供えすると同時にご飯を頂ける感謝の意味合いとしても含みますから
ご飯に関わらず、他のお供え物もあげたら、そのままにせずいただきましょう。


とはいえ、頂くとしても日持ちしないご飯がほとんどになります。
また、宗派や地域によっては、焼き菓子はお供えしない、水菓子はお供えしないなど
あげるお供え物が異なる場合もありますので予め確認しましょう。


仏壇をお持ちの方などは、何となくお分かりかと思いますが、仏壇にお供えするのと要領は似ています。


そして、その他の焼き菓子や水菓子に分類される果物などは基本的に四十九日までお供えするとされいますが
果物は、すぐに傷む物も中にはありますので、果物に関しては頃合いを見て、家族皆さんで召し上がる様にして下さい。
また、焼き菓子もお饅頭やどら焼きなど、足の早いのがありますので、同じくいただきましょう。


生花などは、基本的に日持ちする菊類などがよろしいかと思います。
ですが、夏場など季節によっては、早々に萎れてしまう事もありますので、その場合はまた新しい生花に取り換えましょう。


上記で上げたお供え物は仏式で基本とされている物の代表です。
宗教や宗派によっては、お供えする物が異なりますから、予め確認する事をおすすめします。


また、中には生前好きだった食べ物をお供え物としてあげる方もいますが、これに関したは特に問題はないと思います。
むしろ、故人が喜ばれる事と思いますのでお供えしてあげた方が良いと思います。