直葬とは?

ご臨終
直葬とは簡単に言うと、お通夜や葬義・告別式などを行わない
お葬式の事を一般的に言います。


火葬だけをする場合と、火葬時、又はご安置している部屋に僧侶を招き読経
してもらうなど、直葬でも様々な形式があります。


最近では葬儀会社によって独自の形式やオプションがあります。

葬儀会社を紹介してくれる

普通の一般葬では、通夜振る舞いや精進落としと言われる食事がありますが
直葬では、そこも省いた葬式になります。


その代りとして『お別れを偲ぶ会』と称した食事があったりと
現代風にアレンジされた直葬も出てきています。


直葬の流れとしては、まずご臨終になった場合、葬儀会社に連絡をします。
病院などで亡くなった時は、病院側が葬儀会社を紹介してくれる所もあります。

葬儀会社へ連絡

法律上、火葬を行うには24時間のご安置が必要になります。
その時、自宅でご安置するのか葬儀会社で預かっていただくのかを決めます。


アパートやマンションで階段しかないお住まいの方、家の中が狭くご遺体を入れられないなど
自宅にご安置するのが難しい状況であれば、預かっていただくのが良いと思います。
その時、ご安置料などが発生します。


ですが、エレベーターがあるお住まいではお柩が乗せられる様な構造になっていたり
しますので、事前にマンションの管理人に確認をするのが良いと思います。


その後、葬儀担当者と葬儀内容の打ち合わせを行い日程を決めます。
菩提寺がいらっしゃる方は最優先でご住職へ連絡をしてから
葬義担当者と打ち合わせを行うのが良いと思います。


次はご遺体を納棺します。

ご安置場にてお焼香

お葬式当日の流れは、葬儀会社や地域的な風習などで、多少の違いはありますが
一般的に多い形式は、ご安置している場所でお焼香や生花の用意をしている方は
お花をお柩に入れるなど少しの偲びを行います。

火葬出棺前のお花入れ

その後は、お柩を霊柩車へ移動し火葬場へ出棺します。
火葬場に到着し、故人へ最後のお別れを行い火葬して骨上げをして終了となります。

火葬場で最後のお別れ

近年ではこういった直葬が増えてきいます。


その背景としては、やはり金銭的な事情が1つの理由としてあります。
長らく続いている日本経済の不況が影響して各々の金銭的な余裕がなくなっている為です。
ですので、お葬式にお金をかける事が厳しくなっています。

葬儀にお金を掛けられない

それ以外では、お寺との繋がりが昔より希薄になってきているのも理由の1つとして
あげられます。


昔はお寺とその檀家の関係がしっかりありましたので、
多少費用がかかったとしても、ちゃんとした葬儀を自分の家か、又は菩提寺で行うことが多かったです。


現在、そういう形式で行うのは地方の方が多く、都心に向かうにつれて
密葬、家族葬、一日葬、直葬などが増えていく傾向です。


又、近年では地方の方でも自宅やお寺で葬儀を行わず、セレモニーホールを使用するケースも増えており
家族葬や直葬などを行う方も出てきています。


お寺と人との繋がりが弱くなっているため、無宗教であったり
例え菩提寺があったとしても金銭的な理由で
30万円ほどで出来る直葬などが増えてきていると見られます。


まとめとして主に目立つ要因が
『経済的な理由』と『お寺との繋がりの低下』
この2点から、現代の直葬が増えてきていると思われます。