遺品整理の相場はいくら?
遺品整理の方法・トラブルなどについて

遺品整理の相場について紹介


遺品整理 相場

親族が亡くなったあと、その親族の住んでいた家を整理しないといけない時があります。
その方が一人暮らしをしていて、家を明け渡さなければいけない時などです。


しかし、遺品整理には時間もかかり、また親しかった方の場合
メンタル面にもダメージがあったりという理由から最近では遺品整理業者に代行してもらうケースが増えています。


遺品整理の作業を業者にお願いする場合、依頼人は最初に
「見つけてほしいもの」「保管してほしいもの」などを業者に伝えます。
いるものと要らないもの、捨てるものと売るものを大まかに伝え、遺品整理の方向性を示します。


業者では処分できないものが出てきた際には、依頼人が確認できるように保管しておきます。
業者で処分できないものは、例えば故人の使用していた医療機器、仏壇や神棚などの宗教用品
遺言状などの法的な有効性のあるものなどです。


こういったものは依頼人に遺品とともにお返しし、依頼人がその自治体に定められた処分方法で処分します。


業者が不用品を処分する場合、単に捨てるだけではありません。
家具や家電などのまだ使えそうなものはリサイクル業者へ運搬してくれたり、また遺品整理の業者が買い取ってくれたりします。


遺品整理が終わると部屋の掃除もしてくれますので、依頼人はそのまま部屋を引き渡すことができます。


費用の相場は、トラックの使用の有無や荷物の多さにより違ってきますが
平均的な金額としては1Rで5万円ほど、1LDKで10万~15万円ほど、2LDKは15万円から、となっていますので参考にしてください。






遺品整理の方法が分からない!
基本となるポイントとは?


遺品整理 方法

葬儀後のやる事の中で、大変な作業なのが遺品整理です。
家族総出でも時間が掛かる大仕事ですが、最近ではその専門としている業者に依頼される方が多くなっています。
ですが、それ相応の費用がかかり、金銭的な負担が増えるのは致し方ありません。


金銭的な理由から、業者には頼まず、自分たちで遺品整理をする場合は、どういう手順で整理すればいいのか?
業者に依頼しないで遺品整理を行なう手順について紹介していきます。


大切な方が亡くなられた時に、すぐに遺品整理を行なう気持ちにはならないものですが
“いつ”までにしなければならないというものでもないので、まずは心の整理をつけてから取り掛かっても遅くはありません。


ただ、故人が賃貸住宅で暮らしていた場合は家賃の関係もあるので、なるべく早く整理をする必要があります。
銀行に口座を開いていた場合は死亡届けを出した後で口座が閉じられてしまいますので
亡くなられた後で死亡届を提出する前に口座から現金を引き落とす必要もあります。


遺品整理を行なう時に、まず最初に確認する事があります。
それは遺言書があるか確認をします。


遺言書は遺産相続に関わる大事な物ですので、最優先事項で探す事をおすすめします。
但し、遺言書に封がしていれば家庭裁判所に持っていって、相続人の立会いの下で封を開けなければなりません。
もし、勝手に封を開けたら5万円以下の罰金となってしまいます。
また、遺言書の内容を変更したり破棄をしたら、相続の権利を失ってしまいます。


遺品整理は原則相続人しかできないことになっていますので、故人の戸籍を取り寄せて戸籍上の相続人がいないかを確認して
遺産相続の手続きを行ないます。


遺産相続の手続きが終わったら遺品整理にとりかかります。
まずは家族や親戚・親交のあった方たちの思い出深い品を形見分けします。


タンスなどの大きな家具はリサイクルショップに売ると処分が楽に行えます。
形見分けで残った衣服などは、リサイクスショップや、災害援助を行なっているボランティア団体に引き渡すのも方法です。


このときは礼儀としてクリーニングに出して綺麗にしておきます。
テレビやエアコンなどの家電製品は電気屋などに引き取りを依頼します。
その他残ったものは地域の分別方法に従って分別ゴミとして廃棄します。


また、地域にもよりますが、役所にお願いし、一定の金額を払えば、ゴミ回収業者が来てくれる事もありますので
上手く活用すると、作業が捗りますので、一度確認してみても良いと思います。






遺品整理はいつからやり始めた方がいいのか?


維新整理 タイミング

よく混同されている場合がありますが、「遺品整理」と「形見分け」は似ているようで別のものです。
亡くなった人の残したもの、モノとしての総量を仕分けしながら処分していく作業が遺品整理であり
そこから特に色々な意味での価値あるものを、縁者間で新たに所有していく伝統的分配が、形見分けです。


というわけで、形見分けの前段階として遺品整理があります。
これは、特にいつまでにしなければいけないという期限はないのですが
状況によっては、すぐさま何とかしないと物品が傷んでいく、というケースがあります。


また、故人が賃貸物件に住んでいた場合も、遺品をすぐさま整理して部屋を大家に返さないと
賃貸料が発生してしまうので、早急に取り掛かったほうがよいでしょう。


そういた状況ではなく、自宅に所有物(遺品)が残されているだけの場合は
さほど急ぐことはありませんが、やはり結局はしなければいけないものなので
遺品整理を何年も先延ばしに避け続けるのは得策ではありません。


遺族の気持ちにケリを付けたりするために、例えば四十九日法要や、百カ日の卒哭忌
一周忌などの行事をきっかけにして、遺品整理を始めるというやり方が多く行われています。


故人への思いや悲しみが蘇ってどうしても手を付けられない、という場合もあるでしょう。
その場合は無理に自力で何とかしようとせず、業者に頼むという手法もあります。
お近くの遺品整理専門会社や、資格を持った遺品整理士などに連絡をして
親身になってくれそうなところに相談をしてみるとよいでしょう。






遺品整理で気を付けるべきトラブルって?


遺品整理 トラブル

業者に頼む場合を別として、遺品整理をするとなると、実際に作業にあたるのは近しい家族の方ではないでしょうか。
どんなに質素な生活を心がけてはいても、人がひとり亡くなれば、膨大な量の所有物が遺品として残されることになり
これを仕分けして処分する遺品整理の作業は、予想以上の時間と労力を消費するものです。


一人だけへの負担を避けるため、できれば遺族が複数人でとりかかるのがよいでしょう。
また一人で作業をさせていると、亡くなった方への思いがあふれてきて、心労から気持ちを病んでしまうことも少なくありません。
これを避け、また遺品整理とそれに続く形見分けの段階での遺族・親族内トラブルを避ける意味でも
遺品整理は複数人でかかった方が良いと言えます。


また、様々な理由から業者に遺品整理をお願いする場合も少なくありません。
こういった業者は資格を持っており、また手馴れてもいるので膨大な量の遺品を整理する場合に強力な助っ人となりますが
一方でトラブルの発生も少なくないので、申し込む際には注意が必要です。


まず、一番大きいのが金銭的なものです。
小さなワンルームマンションいっぱいの遺品整理で、だいたい数万円~ほどの価格設定がなされていますが
この点については作業中・後から追加で料金を請求されることもよくあります。


遺品整理先が遠方でなかなか来れない、という場合でも見積もりの際にはしっかり、業者と合意をとっておきましょう。
ちなみに料金体系は部屋の広さに合わせた測り方と、物品の多さに合わせて(トラック何台分)測るやり方があります。
前者は遺品の多い場合、後者は少ない場合に比較的おすすめです。


次に、どうしても他人の手にかかると、感情的な価値に敏感になってしまうのは避けられません。
すでに哀しみの淵にいる遺族にとって、精神的な価値の高い物品をすげなく処分されてしまうのは大打撃です。
業者に任せる以上は一切の感情を封印するか、あるいはとことん相談に付き合ってくれる業者さんを探すのがよいでしょう。