新盆のお布施の相場や準備など紹介

新盆のお布施の相場について


新盆_お布施

新盆とは、四十九日法要を終えて、故人が初めて迎えるお盆の事を言います。
家族、又は親戚の方などがお亡くなりになり、葬儀、四十九日法要を終えられ
その次に行う法事が「新盆」又は「初盆」になります。


お盆の時期になると、どこかのお寺の檀家であるお宅などでは、そこの僧侶が、「棚経」(たなぎょう)を行いに回ります。
棚経とは、僧侶が檀家であるお宅を訪問し、精霊棚(しょうりょうだな)又はお仏壇の前でお経を唱える事を棚経と言います。
お盆法要と言うところもあります。


普段のお盆の時に、お渡しするお布施の額に関しては、地域・お寺によって異なりますが
大体の相場が5,000円~20,000円と言われています。


ですが、お亡くなりになった故人が初めてお盆を迎える「新盆」又は「初盆」については、普段のお盆とは違い
いつものお盆よりも手厚く営みます。


新盆で準備する物も、普段のお盆で用意する物と比較すると、飾り付けやお供え物、法事に来る方々におもてなしする料理など
用意するものが増えるので、新盆自体が初めてな場合、その準備に苦労されている方が多いようです。


新盆の法事で、僧侶にお渡しするお布施の額も、同じく地域・お寺で変わりますが
大体30,000円~50,000円ほどと額が上がります。


そして、新盆を執り行う方に注意するべきポイントがあります。
それが「早めに準備を行う」という事です。
新盆においては何よりも重要になります。


上記でも説明したように、僧侶はお盆の時期になると檀家のお宅へ棚経を行いに回ります。
お盆の期間は、地域によって異なりますが、大体4日間です。
そうすると、僧侶はこの4日間で檀家のお宅を回らなければならない形になります。


檀家は、決まったお盆の期間でお盆を行おうとしますので、法事の日程が檀家同士でかぶってしまいます。
この短い期間でお盆の法事をやらなければならない訳ですから、お盆の時期の僧侶は大変忙しくなります。


抱えてる檀家の数が多いお寺では、お盆の時期の前から棚経を行っているお寺があるぐらいです。
ですので、早めに準備を行わないと、僧侶とのスケジュール調整が、どんどん難しくなってしまいます。


ちょっと早すぎると思うぐらいが、ちょうど良いと思って下さい。
早い方ですと、1ヶ月前から準備する方もいるぐらいですので、新盆の準備は余裕を持って行う事をおすすめします。






新盆の準備は何をやるの?


新盆_準備

毎年、夏になるとお盆の時期となります。
地域によっては7月、8月と別れますが、この時期になると先祖の霊を敬うことになります。


お墓参りに行くことが一般的ですが、新盆ともなると少し行う内容が異なってきます。
新盆とは、故人が亡くなり、四十九日を超えた翌年のお盆を「新盆」又は「初盆」と言います。
呼び方については、地域によって異なります。


この新盆では、例年のしきたりとは異なる内容となります。
まずは、僧侶を招き新盆の法要を行います。


この時は、親族・親しい知人も呼んで行うことになります。
また、新盆で用意される物も普段のお盆とは異なります。


まずは、精霊棚(しょうりょうだな)です。
精霊棚は、先祖を迎えることを目的としている3段か4段の白い布で覆った棚、又は白色の3段か4段の棚をいいます。
位牌を最上段に置いて周りには、特産物、作物と精霊馬(しょうりょううま)と呼ばれる物を置くことになります。


この棚に置いておく精霊馬は、きゅうりやナスに爪楊枝を刺して馬に見立てます。
この馬に先祖の霊が乗って自宅に訪れるためです。


次は盆提灯(ぼんちょうちん)があります。
盆提灯は、カラフルなデザインな物もありますが、新盆では白色が使わることがあります。


13日には、ご先祖を迎えるために、迎え火を行います。
迎え火を行うのは、大体夕方からになります。
松の木等を燃やして、その煙に乗って先祖がやってくると言われています。
また、翌日にはご先祖の供養の為、お墓参りを行うので、昼間の内にお墓の掃除を行います。


14~15日は、僧侶を呼んで新盆の法要を行います。
地域によっては、その後会食を行うところもあります。
また迎え火を行った後は、ご先祖が戻られていますので、火を絶やさない事
お供え物を毎日取り換えるようにします。


16日は送り火を行います。
迎え火と同じく、夕方に焚き、ご先祖をお送りします。
その時に、使用していた白い提灯も一緒に焚きます。


これらの一連の流れで新盆は終了です。


しかし、地方によっては、この流れを毎年、行っている家庭もありますが
そのしきたり、風習は地域のみならず、家庭によっても独自の慣習を持っていることも少なくありません。


今、お住まいの所で新盆を行う時は、そこの地域のやり方や用意する物など、前もって確認する事をおすすめします。






新盆の意味について


新盆_意味

法事の中でも、行う機会が極端にない法事の一つに「新盆」があります。
ご年配の方や、中年層の方などはご存じだと思いますが、子供や若年層の方からしたら
「新盆」って何?と疑問に思われる人もいるでしょう。


新盆とは何なのか?ご説明したいと思います。
まず、新盆とは何の法事なのかという部分ですが、家族や親戚が亡くなり、四十九日も終わって
その後に迎える初めてのお盆が新盆になります。


また、新盆のタイミングとしては、四十九日がお盆前か後で、変わってきます。
お盆の前に四十九日を迎えたのであれば、その年のお盆に新盆を行いますが、四十九日がお盆と重なった

又は、お盆の後の場合は、翌年のお盆が新盆になります。


毎年、迎えるお盆の時期ですが、仏教の教えでは、そのお盆にご先祖がお家に帰ってくる時期とされているので
昔から日本では、その時にご先祖の供養を行っていました。


つまり、新盆というのは、最近に亡くなった故人が初めて家に帰ってくる時期という事になる訳です。
その為、新盆では通常のお盆の法事に比べて、手厚く盛大に行われる特別な法事になります。


また、新盆は亡くなった故人が初めて迎えるお盆にしか行われない為、法事の中でも滅多に行われない法事になります。
その為、新盆の法事に関しては、初めて行うという方が必然的に出てきますので、お爺さん・お婆さん


父親・母親などが後世にしっかりと、やり方や用意する物などを教える必要がある訳です。
とは言え、最近では信仰する方がめっきり減り、又金銭的な事情も加わって、檀家をやめる方が増えてきたり
そもそも無宗教という人も多くなっていると言われています。


元々、行われる事が非常に少ない新盆ですが、こういった宗教離れが進む時代では、新盆の意味や
その存在は、薄れてく一方のような気がします。


新盆を必ずやらなければいけないのかと言われると、そこに関しては個人の自由になってしまうので
やらなくても特別問題はありません。
また、極端な言い方をすれば、魂の存在に関しても証明できる事ではないので、葬儀や法事、お墓の必要性などに
疑問を持たれる方は、実際にいらっしゃいます。


ですが、魂が存在するから“やる”とか存在はないから“やらない”いう事ではなく、その故人の気持ちを考えた場合
故人の気持ちを想い、やった方が良いのはないか?という考えが重要な気がします。


人の想いに気づくのは、大切な人が亡くなって初めて気づく場合があります。
大切だった人が、お盆に帰ってくるとなれば、しっかりとした法事にしたいと思うのは人情の常ではないでしょうか。