四十九日法要の費用・お布施の金額・必要な準備などお教えします

四十九日法要に必要な費用とは?


四十九日法要 費用

仏教的な考え方によりますが、亡くなった日から数えて7日目、死者の魂は三途の川のほとりにたどり着きます。
これから7日ごとに、生前の所業について閻魔大王さまの裁きを受けていき
その総まとめとなるのが満中陰と呼ばれる四十九日です。


遺族たちの応援を得て、魂は極楽浄土へ赴くと言われているので、四十九日の法要はお葬式に次ぐ大事な供養と言えるでしょう。


具体的には、お通夜・お葬式に来ていただいた親戚や縁者の方々に再び声をかけて集まっていただき
僧侶によるお供養(読経)の儀式と、会食を行います。


地方の場合では、供養と会食の間にお墓参りが入るところもあります。
会場は菩提寺にて行うのがポピュラーですが、一般的な貸式場や、あるいは自宅にて行うという事もあります。


大まかにまとめると、この四十九日法要にかかる費用は、僧侶に渡すお布施、そして会食にかかる費用
それから引き物
がメインです。


お布施の額には、お寺によって異なり、また額が決まっている訳ではありませんので
直接、僧侶に伺う必要があります。


それ以外でかかる費用に関しては、一般的な式場を借りるのにレンタル代が約5万円前後
仕出しなどの会食費用がだいたい大体5000円×人数分、と考えておきましょう。


そして、お帰りの方にお渡しする引き物ですが、大体1袋3000円×人数分が費用になります。
この四十九日法要でも香典を持参する参列者がいますので、用意をしていた方が良いと言えます。


これらの基本費用に、こまごまとした関連出費が重なっていきます。
現在では、四十九日法要と併せて、お墓に骨壺をおさめる納骨式を一緒に済ませてしまうご家庭も多くなっています。
この納骨式を一緒に行う場合には、その分の費用も別にかかってきますので、ご注意下さい。






四十九日の法要で渡すお布施はいくらなのか?


四十九日法要 お布施

人が亡くなった際、お通夜・お葬式に次いで執り行われる大切な供養が、四十九日法要です。
故人と関わりのある方々に、再び集まっていただき、死者の魂が極楽浄土へと昇っていけるように偲ぶ大切な法要ですから
早めの対応でしっかりと準備しておきましょう。


四十九日法要にかかる費用は、供養の儀式をとりしきる僧侶へのお布施
そして集まっていただいたお客様へのおもてなしとして会食・会場費・引き出物代などがかかります。


このうち、僧侶へのお布施の金額は、お葬式にて渡したお布施の額の、だいたい一割程度が相場とされています。
お寺側から、はっきりとした金額を提示されない事もあり、困惑する方もいると思います。


一般的な相場で、お葬式の際には10万円~50万円ほどのお布施を渡しているケースが多いので
四十九日の際のお布施はその一割、すなわち2万円~5万円ほどの額を包むことになります。

ただ、菩提寺でその後の会食をするのではなく、離れた場所で会場を借りて行い
僧侶に「出張」をしてもらう形で執り行うのであれば、別途「お車代」として一万円ほどを渡しましょう。


また菩提寺で行う場合でも、僧侶自身が会食に参加しないのであれば
その食事分の5000円~1万円分ほどをお布施に上乗せして渡すのが、マナーとされています。


少し細かいので大変ですが、とにかくお布施は気持ちの問題です。
心を込めてお渡しできるよう、しっかりと準備しておきましょう






四十九日法要に必要なマナーとは?


四十九日法要 マナー

亡くなった日から49日目に行うのが理想とされている四十九日法要ですが
場合によって、その日が平日に当たってしまう事があります。


四十九日法要の為に、仕事を休める方はいいですが、ほとんどの方はそういう訳にはいきません。
そういう場合はどうすればいいのか?


四十九日が平日だった場合、多くの方は繰り上げて法要を行っています。
理由としては、四十九日以降ですと過ぎている為、四十九日と呼べないということです。
四十九日目以降に繰り下げることは絶対にやめましょう。


日程が決定したら、お葬式の時にお経をあげてもらった僧侶に、再び四十九日法要での読経をお願いします。
同時に、法要を行う会場の手配を済ませます。


お寺で行うのが一般的ですが、自宅や貸式場でも行えます。
慶事ではないので、四十九日法要の集まりであることはしっかりと、式場やホテルなどに連絡しておきましょう。
会食の仕出し食事にも、法要会食なのでおめでたい食材は使いません。


日時と場所が決定したら、すみやかに参列者に連絡をとります。
人数が多い場合は、返信付のはがきなどを利用します。
この後はその出欠確認を待ちながら、僧侶へのお布施・出席者への引き出物などを準備していきましょう。


また、出席者として四十九日法要に招待された側としては、出欠席の返信をなるべく早く返送します。
服装は略式の喪服で、持っていれば数珠を持参しましょう。


また、お香典は約5千円~1万円が相場です。これを包むのし袋には、黒白の水引をつけ

四十九日法要まで使用可能な「御霊前」という表書きを書きます。


これについては、葬儀の際のお香典の渡し方でも同様なのですが、仏教宗派により書き方が異なりますので
亡くなられた方の宗派を今一度よく確認し、調べてから書くようにしましょう。






四十九日の法要って、どんな準備が必要?


四十九日法要 準備

葬儀が終わって、あまり間がない内に四十九日法要が訪れます。
遺族としては、ようやく葬儀が終わったと一息着きたいところですが
葬儀の後すぐに取り掛からなければならない事が山積みです。


そして、そうこうしてる内に四十九日法要が間近に迫ってきてしまいます。
ですが、前もって何を準備すればいいのか、分かっていれば少なくとも慌てる事無く
四十九日法要の準備が出来ると思いますので、それを今回はご紹介していきます。


四十九日法要の準備として抑えるべき重要ポイントは、法要にて読経してもらう僧侶の確保
そして、参列者の人数の把握と会場を借りて行う場合はその予約です。


僧侶は葬儀の際と同じ方、あるいは菩提寺があるようでしたらの住職にしてもらうケースがほとんどです。
だいたいは都合をつけて優先的に着てもらえるとは思いますが、やはりマナーとして早めに話をし
予約決定をしておくべきと言えます。


例えば、お寺の繁忙期であるお盆の時期などに重なってしまうと、僧侶もあちこち飛び回って非常に忙しくなりますので
やはり葬儀の直後に間髪を入れず予約してしまうのが無難です。


そして次のポイントである参列者の把握ですが、そのほとんどは家族や親戚、また長い付き合いのある方ぐらいですが
ある程度の人数把握は必要になります。
一番の理由としては、会場の予約や仕出しの用意する数、引き物の数など、人数が分かっていないと
次に進めるのが困難だからです。


僧侶の確保が済み次第、参列するであろう方々をリストアップし、その方々に参列の有無を確認していきます。
大体の人数が分かれば、会場はどれぐらいの規模で、仕出しや引き物はいくつ用意すればいいか、判断できます。
葬儀の時でもそうだったと思いますが、この人数把握が重要になります。


次に、会場準備ですが、菩提寺がいる方はそこのお寺の専用スペースを利用させてもらうことが多く
僧侶の読経と一緒に予約してしまえるとスムーズです。


また、葬儀でお世話になった葬儀会社でも法事をお願いする事が出来ます。
葬儀会社にお願いする場合も、やはり準備する時間や他のお客様との関係もありますので
早めの相談が望ましいです。


葬儀会社で法事をお願いすれば、多少お金は掛かるものの、仕出しや会場、引き物すべてを手配してくれる
ところもありますので、なかなか時間的に自分達だけで用意するのが困難な時に活用すると良いでしょう。


会食で利用する仕出し業者などですが、お世話になった葬儀会社か菩提寺の住職に相談すれば、大体返答してくれます。


また、会場を別にレンタルしてホテルなどで行う場合もあります。
この際はお悔やみごとですので、派手で華やかな装飾や演出、お祝い食材などは決して使用しないようにする配慮が必要です。
会場側に任せっぱなしにせず、よく連絡や確認を取り合うようにしましょう。


四十九日法要を自宅で行う場合も、会食の料理には同様の注意をします。
参列者の人に、葬儀の際の香典返しとはまた別の引き出物を準備しますが
これは高くても5000円以下の、あまりかさばらないものがよしとされています。


ただし、地域ごとに異なりますので、周辺住民の方に一度話を伺い、その地域ではどのようにしているのか
よく確認をしておくと安心です。


以上の事に気を付ければ、法事の用意がほぼ出来ると思いますので、参考にしていただければと思います。