葬儀のお花代や相場とマナーなどについて

葬儀のお花代とは?その相場について


お花代

お花代とは、故人の祭壇に供えるお花を用意するためのお金のことです。
葬儀に参列する時に包むお金のことを言い、ご香典とお花代は別個に包んで渡すというのが昔からの日本の常識です。


その理由としては、ご香典は御遺族に渡すもので、お花代は葬儀業者や花屋に払うものとされているからです。
具体的な例として、花輪一基分の予算は約1万5千円と考えてください。
表書きに御花代もしくは御花料と書き、白い無地の封筒に入れて渡しましょう。


ただし、この金額については、故人との関係や年齢によって金額が異なってくるのが常識です。
葬儀が行われる故人が、自分の両親の場合には3万円から10万円
兄弟姉妹の場合は3万円から5万円
祖父母の場合は1万円から5万円となり
叔父や叔母などの少し離れた親族の場合は1万円から3万円
就業先や職場の関係者もしくは友人知人の場合だと5千円から1万円と考えるのが一般的です。


また、家族葬である場合には、お花代が故人の家族側から事前に辞退されている場合も多く、確認が必要となります。
最近は、葬儀代が高額にならないように家族が辞退することも多く、式場に問い合わせて確認しても良いでしょう。


また、参列者がお花代を等分に負担する場合もあります。
ご香典やお花代は、故人が急に亡くなって連絡を受けて参列することも多く、焦ってしまうと思います。
しかし、失礼の無いよう故人の家族の意向に従うのが正解と言えます。






葬儀の花の種類について


葬儀の花の種類

一般的な葬儀では、一本花・枕花・供花・花輪という4種類の花が用いられます。
また、キリスト式の葬儀では、焼香の代わりに献花という形で花を用います。


一本花は、故人の枕飾りの中に供える花です。
枕飾りとは、自宅などに故人を安置している際に枕元に用意される、さまざまな仏具が置かれた供物台のことです。
枕飾りは臨終から通夜まで置かれるため、一本花もこの期間飾られることになります。


枕花も故人の枕元に供えられる花ですが、こちらは故人と親しかった方(親族・友人)によるもので
遺族が供えた一本花とは異なります。


一本花は樒(しきみ)や菊が基本ですが、枕花は白い花が選ばれることが多いものの
故人の好きな花を自由に飾るというケースも増えてきています。
こちらは葬儀が終わるまで飾られます。

供花は親族や会社の方から贈られる、葬儀の祭壇の左右に飾られる花です。


同じ物をまとめて1対、あるいは単体で1基という形で贈られ、1対なら飾られる時もバランスの取れる位置に並べられます。
この花の位置は、故人との関係(血縁)の深さや、組織内での地位によって変わってきます。


葬儀会場に飾られる花輪は、普段目にすることの多い開店祝いの花輪と同じような形をしていますが
白黒を基調としたデザインになっています。
個人から花輪が贈られることは少なく、主に企業や団体からの物となります。


献花はこれまでキリスト式の葬儀で用いられてきましたが、最近では無宗教式の葬儀で見かけることも多くなってきました。
この場合も、キリスト式の葬儀と同じように、参列者が故人にお供えする
という形で用いられます。






葬儀で出す生花の相場はいくら?


葬儀の花の相場

葬儀の際、供えられる花には、一本花、枕花、生花、花輪などがあるとご説明しましたが
これらの値段はどれぐらいなのか、知らない方は多いと思いますので、それぞれの相場をご紹介致します。


一本花は、一輪挿しにいけて故人が亡くなられてから初七日が終わるまで故人の近くに飾られます。
色は白を基調として、落ち着いた色の花なら特にいけないという花はありませんがバラは避けてください。
相場は3,000円~5,000円程度です。
葬儀会社によっては枕飾りを設置する際に、一緒に一本花を付けてくれるところもあります。


枕花は、故人の枕元に飾る花ですが、菩提寺がいてご住職が枕経をされる場合は
枕花がその時には飾られていることが望ましいです。


この花も白を基調とした落ち着いた色調の花でまとめるのが良いと思います。
こちらもバラは避けてください。
相場は、5,000円~20,000円位です。
枕花の贈り主がある場合は、花屋さんがその方の姓名を記した名札を添えています。


供花は生花とも言われ、フラワーアレンジメントや籠アレンジメントされて一基または1対で飾られます。
この花も葬儀にふさわしい白を中心とした色調でまとめられているのが基本ですが
中には、洋花系の鮮やかな生花を飾る方もいらっしゃいます。
供花はすべてが関係者から贈られたものですので、贈り主の会社名や姓名が記された名札が添えられます。
相場は、1基の場合10,000円~20,000円程度で、1対の場合20,000円~40,000円となっています。


最後に花輪の相場ですが、1基およそ10,000円~20,000円です。


基本的な相場の違いとしては、使用する花の種類と言うよりかは花の量の多さが主になります。
値段の高い生花は花の量が多いという事です。


花輪に関しては、作り物ですので生の花ではありません。
金額の違いとしては花輪の大きさになります。


葬儀を執り行うにあたり、参列する方がいる場合は、ある程度、人に見られても恥ずかしくない形にしたいと
考えている方は多いと思いますが、経済的な理由で、安い祭壇しか選べなかった場合
どうしても見た目が少し乏しい感じになりがちです。


基本的に、祭壇の値段の差と言うのは、祭壇の上に飾られる生花の多さで金額が分かれています。
ですので、一番安い祭壇は生花が全く飾られていない、いたってシンプルな形になってしまいます。


祭壇単体で言えば、見た目の豪華さはあまり感じられないと思います。
ですが、そんな祭壇だったとしてもある程度豪勢に見せる方法があります。


それは祭壇両脇に飾る生花です。


祭壇が生花の無いシンプルな形だとしても、祭壇両脇の生花がそれなりにあれば、豪勢な見た目にさせることができ
他の人に見られても恥ずかしくない形になりますので、そういった場合の方はこの方法をおすすめします。






葬儀の花にまつわるマナー


葬儀の花のマナー

葬儀でお花を送る場合は、いくつかの注意点を守る事が大切です。
まず、贈るタイミングとしては、訃報を聞いてすぐに準備する流れになるかと思います。
その上で、出来るだけお通夜までに、間に合うよう準備するように努力します。


その際、お花の相場としては、全国平均で言えば2万円程度が一般的になっています。
その為、迷った際は、2万程度のお花を送れば、問題ありません。


しかし、地域によって相場が違う場合もある為、心配ならば、注文するお花屋さんに相談してみると良いかと思います。
その他、以前、自分の身内で不幸があった場合、その時の記帳などを参考にし、同じ程度のお花を送ると間違いないかと思います。


最後にお花を送る際、名札が必要になってきますが、そこに明記する時の注意としては、連名で出す場合
どうすれば良いのかと言う点です。


一般的に連名でお花を送る場合、2名以上名前を並べて書く事ができるようになっていますが、名札の幅によっては
非常に細い名前になってしまう
場合があります。


それ以上の場合は、代表者のみか又は「〇〇一同」と明記する事が一般的です。
夫婦でお花を送る場合は、旦那さんの名前のみ記入します。


また、名札の名前で気を付けなければいけない事が、表記されている名前が正しい文字かという部分です。
表記されている名前に誤字があっては、その方に大変な失礼になってしまいますので
一字一字間違っていないか、喪主や直系の家族は良く確認する必要があるので、しつこいぐらいに確認をして下さい。


葬儀会社は生花の注文を取る際に、記載する名前を伺い、間違いがないか遺族に確認を行います。
そこで遺族側が問題ないとしたならば、それを元に名札を作成します。


もし、喪主や遺族、親族の方で普段から名前を略字で書いていた場合、生花の名前もその略字で書いてしまう、又は認識してしまう恐れがあります。


例えば、「さいとう」という苗字がありますが、簡単な「斉藤」もあれば難しい「齋藤」もあります。


本当の名前が難しい漢字だったとして、普段名前を書く時は簡単な漢字で書いていると
その癖のせいで、簡単な漢字の方で注文してしまう恐れがあります。

そうすると、読み方は同じでも漢字が違う表記になり、それが元で険悪な雰囲気になってしまいますので
十分に気を付けて下さい。


最近では、家族葬などといった小規模な葬儀を行う事も多くなってきています。
そのような場合、会場も小規模になっている事が多くなっています。
そんな時に大きなお花を送ってしまうと場所を取ってしまい、返って邪魔になってしまう事も考えられます。


そうならない為にも、スペースに配慮したお花選びも重要と思いますので、会場にお問合せし
祭壇両脇のスペースに生花が何基入るのかを一度聞いてみると良いと思います。






葬儀の生花の並べる順番は要注意


葬儀の花の並び順

葬儀の際に贈られる生花を実際に並べるのは葬儀会社の仕事ですが、葬儀会社側ではその順番を判断することが難しいため
適切に指示を出す必要があります。


しかし、多くの方にとって葬儀を取り仕切るという経験は一生のうちにそう何度もあることではありません。
経験不足から、あるいは忙しさに紛れて、見た目や名前順で決めてしまいたくなることもあるのではないでしょうか。


ですが、この花は故人への最後の贈り物ですから、そこに深い思い入れを持つ方もいますし
地位の高い方からの花の場合は、並べ方一つで気分を害されてしまうかもしれません。
そのため、並べ順には十分な配慮が必要です。


それは花を送ってくださった方へのためでもあり、同時に故人との別れを美しく終えるためでもあるのです。


具体的な順番ですが、下の図の様に祭壇を中心として、祭壇側から優先したい花を置くことになります。

生花並び順

生花を並べるにあたり、生花が1基なのか1対なのかで微妙に順番がずれますが
図の方では1対で並べた場合で表しています。



①喪主

②故人の子供

③故人の兄弟姉妹

④喪主の両親

⑤喪主の兄弟姉妹

⑥故人、又は喪主の兄弟姉妹の子供

⑦故人、又は喪主の従兄弟姉妹や友人、知人

⑧故人、又は喪主の仕事関係



上記が基本的な並び順とされています。
故人の子供や兄弟姉妹などがいない場合は、並び順が繰り上がってきます。


一番最初に並べる生花は喪主か故人の子供など、故人の直系の家族(遺族)側から並べます。
遺族側が終わると次に来るのが、故人の兄弟や喪主の家族(親族)側の生花です。


故人の友人や会社関係の生花に関しては、基本的に遺族親族の後となります。


また、故人の友人や会社関係の順番もどれぐらい関わり合いがあるのかによって変わってきますので
そこの確認も必要になってきます。


故人の友人で幼い頃からの付き合いとなると会社関係より先にくる場合もあります。
仕事関係でも役職が高い人から先に並べます。


葬儀の生花で最も気を付けるべきポイントは「生花の並び順」「名札の名前が正しいか?」の部分になります。
この2つは十分に気を付けるようにして下さい。