遺骨をアクセサリーに!
手元供養という新しいスタイルを紹介

遺骨でアクセサリーとは?その内容を紹介


遺骨アクセサリー内容

日本では伝統的に、亡くなった方の遺骨を骨壺に収めてお墓に入れる、という形式がほとんどです。
このように火葬処理した遺骨はお墓に入ってしまえばそのままですが、遺骨のごく小さな一部を加工して
アクセサリーにするという傾向が特に若い世代に芽生えてきています。


昔は仏壇にあげられた位牌を、亡くなった方として供養する人が多かったものです。
現代社会ではお仏壇を備えている家庭も少なくなり、こういった形式も時代に合わせて形態を変遷させているのだと言えるでしょう。

遺骨の一部をいつも身に着けることで、亡くなった大切な人との絆をいつまでも持っていたい…とする
ユーザーの気持ちに応えるジュエリーメーカーも数多く出てきています。

これは法律的には何の問題もありませんし、ジュエリー自体も傍から見たら

ごく普通のアクセサリーにしか見えないデザイン
ばかりです。


基本的な手元供養のアクセサリーは「ものを納める」というコンセプトがほとんどですので
形式的にペンダントが圧倒的な主流です。


これはしっかりとした密閉容器であり、何かの拍子にトップが開いて、大切なお骨が転がってしまう
というリスクは極小まで少なくしてあります。


それ以外にも指輪などの遺骨アクセサリーがあったり、様々なスタイルがあります。


どのスタイルが自分に合っているか、制作される方はよく検討する事をおすすめします。






遺骨の手元供養について


手元供養

これまで故人を供養する方法は、たいていがお墓や仏壇でした。
しかし、最近、手元供養が静かなブームとなっているようです。


手元供養とは文字通り、故人の遺骨を身近なところに置く供養の方法です。
その中でもすべての遺骨を自宅に置くのではなく、一部を自宅あるいはペンダントなどのアクセサリーの中に入れる方法が
好まれているようです。


理由としては、お墓が遠くて頻繁に通えないや、お墓自体必要ない又は経済的に買えないとの理由から
絶えず故人と共にいて供養したいなどです。


これらの場合、気になるのは
「これらの方法だと故人はちゃんと成仏できないのでは?」という懸念があると思いますが、今では「分骨」と言う言葉がある様に
故人の遺骨を親族に分け与える方式も仏教では通例となっているので、心配する必要はないと思います。


大切な人が召されても近くにいる、そう思えることは心の支えにもなり、悲しみを少しでも安らげてくれるかもしれません。
お墓を新たに建てるより格段に経費も安いこの手元供養。
新しい供養のひとつと言えるでしょう。






遺骨の自宅保管は犯罪ではない


遺骨自宅保管

最近のTVでも、終活に関しての番組や実際にあった終活などを紹介したり、自分の人生を
どのように完結させるかという内容の情報が、多くなってきました。


TVで紹介されている内容の多くは、ある日突然倒れたり、また具合が悪く、病院で検査をした時に
ガンなどが見つかり、余命宣告をされた方が多く見受けられます。


実際に、終活が大事だと分かっていても、そうそう簡単には始められない方は未だに多くおり
余命宣告など、死が近づいている実感が無ければ、行動に移せないのが現状のような気がします。


更に最近の傾向としては、古くからの仕来りや風習を重んじて葬儀を行うというよりかは
「自分らしい最期」又は「家族に対しての最期」という部分が色濃く見えます。


現在の葬儀、又は人生の最期という部分における価値観は、多様化しており、それに伴って葬儀の種類や
埋葬方法も多様化してきています。


その価値観の中で、最近の芸能人なんかも言葉に発していますが
「お墓はいらない」や「どこかの海にでも遺灰を撒いて」
など、まるでお金は掛けずに終わらせてという意味にもとれる発言を聞いたりします。


そういった価値観が生まれた背景としては、日本経済の下落、宗教に対しての関心の薄れ、核家族化の拡大、非婚など負の要素が、複雑に絡んでいる状況から来ているのではないかと思います。


特に不景気である現在の日本では、なるべくお金を掛けない生活スタイルがかなり広まっている為
お金の掛かる仏事は、極力避けるか安く抑えられる方法を取る方が増加傾向です。


とは言え、お金は掛けずとも、ちゃんと供養はしたいと思う方は多くおり
そういった方の中でも、とある供養方法が注目されています。


その方法というのが「遺骨を自宅保管」するというスタイルです。


この遺骨の自宅保管というのは、どういった内容なのか?


別の言い方では「手元供養」という言い方もされていますが、遺骨の自宅保管にはいくつか方法がありますので、ご紹介したいと思います。


まず、方法として増えているのが、遺骨の一部を自宅保管する方法です。
最近の住まいはスペースに限りがあり、マンションなどは特に限定されてしまいます。
そんな省スペースでも供養が出来る様に、手元供養用のミニ骨壺などが現在販売されています。
遺骨の一部分をミニ骨壺に入れて自宅保管するという方が多くいらっしゃいます。


その他には、全ての遺骨を自宅保管する方法もあり、利用している方が徐々に出ているようです。
骨壺の状態では、見た目やスペース的に問題があるので、全骨を収めることができ、尚且つスペースも抑える
事が出来る商品が販売しています。


ですが、そういった商品は遺骨を粉骨にする事が前提になりますので、よく話し合う事をおすすめします。


他には、骨壺を収められる仏壇なども販売されており、こちらの場合は金額的にもスペース的にもある程度余裕がある方になってしまいますが、供養する場所と遺骨の保管場所を両立出来ます。


最後に、遺骨の自宅保管で注意しなければならない事をお伝えします。
遺骨は大変湿気に弱く、カビやすい為に保管する墓所選びます。


一番良い場所としては、風通しが良く直射日光が避けられる場所が良いとされています。
例えば、寝室の片隅などが最適だと思われます。


また、遺骨には独特の臭いもありますので、臭い対策が必要になる場合もあります。


今後も不景気状態が続くとしたら、より仏事に対してお金が掛けられない状況になります。
こういった供養スタイルは益々増えていくのではないかと思います。






遺骨をペンダントする時は防水が良い


遺骨アクセサリー防水

最近、徐々に注目を集めいてる「手元供養」という供養スタイルですが、その種類は様々です。
骨壺を収められる仏壇や、手元供養用のミニ骨壺、更には遺骨を身に付けられるアクセサリースタイルまであります。


この中でもちょっとした注目を集めているのが、アクセサリー関連の商品です。


仕様として多いのが、遺骨の一部をアクセサリーの中に収めるというタイプです。
その中でも、首にかけるネックレスタイプが非常に多く、ペンダントやカプセルなどがあります。


そんな遺骨ネックレスですが、ご購入される際に気を付けるポイントがあります。
それが、防水加工がされているタイプを選ぶということです。


遺骨は湿気や水分に弱いため、雨や湿度の高い地域、又は季節などでカビたりする恐れがある為です。


また、なにかしらのアクシデントでアクセサリーを不意に水に浸かってしまったりという事も十分に考えられます。
普段から身に着けている場合、汗や汚れなども付着しますから、それらからも守る事が出来ます。


遺骨ネックレスの中には、完全防水という物もあり、遺骨をアクセサリーの中に収めるのではなく
樹脂で固めてしまう方法になります。


完全に固めてしまうので、水に触れる事も無いですし、カビてしまう事もありません。
身に着けたまま、お風呂にだって入れます。


防水タイプも色々なデザインがありますので、ご検討してみてはいかがでしょうか?






遺骨をダイヤモンドに出来る!その値段とは


遺骨ダイヤモンド

現在の葬儀において、ニーズの多様化により、様々なお葬式が誕生しています。
埋葬方法も同じように、色々な方法が世に出てきており、最近ではお墓に納骨せず、遺骨を手元においていきたい
というニーズも高まっているそうです。


手元に置くというのも様々なやり方があるのですが、その一つの方法に遺骨をダイヤモンドにするというやり方があります。
どんな方法でダイヤモンドにするかというと、遺骨の中に含まれる炭素を抽出し、炭素の成分に高温、高圧をかけます。


そうするとやがては結晶化して人工のダイヤモンドになります。
そして、ダイヤモンドにした人のほとんどがジュエリーなどにして身に着けられる形で残しています。


指輪やネックレスにして残す事が多く、形見として大事に残しておくのだそうです。
気になる値段ですが、0.2カットダイヤモンドで48万円からとなっているようです。


さらに、ジュエリー加工にすると費用は別途必要になりますが
遺骨がダイヤモンドに生れ変わるというのはとても素晴らしいことではないでしょうか?


まるで、故人が光を取り戻したかのように、光り輝き

ずっとそばにいるかのようにも思えます。



アクセサリーとして身に着けることが出来たら、きっと一生忘れない大事な思い出になるでしょう。
遺骨をダイヤモンドにするというやり方は、新たな供養の1つとして、良い方法に感じますし
新しい価値観としても、見ることが出来るのではないでしょうか?

値段が高いのが少々ネックではありますが、アクセサリーとして手元に残せるのは、ある意味画期的だと言えます。