無宗教の葬儀と後の墓地や納骨などについて紹介

無宗教の葬儀とは、どういう内容なのか?


無宗教葬儀内容

近年は無宗教の葬儀が徐々に増えつつあります。
葬儀と言えば基本的には宗教ごとに決まったルールを元に行いますが
無宗教の場合は葬儀の内容を自由に決める事が出来、今まで一般的に行われていた葬儀とは
内容が大分変ってきます。


ただし、前提として親族などの理解を得られるかどうかという点が非常に重要になってきます。
生前中に故人が無宗教で葬儀を行ってほしいという希望があっても、それを生きている間にちゃんと
周りの方々に説明していたか?というのがポイントになってきます。
また、場合によっては納骨できなくなる事もあるため問題なく納骨できるかどうかの確認も必要です。


特に問題なく、無宗教の自由な葬儀が行えるとなった場合ですが、例えば葬儀中に音楽を流して歌うなんて事も可能です。
こういった式を「音楽葬」などと呼び、無宗葬儀の中では比較的メジャーです。


ちょっとした映像の上映なども取り入れたいと思えば、葬儀会社に相談すれば行ってくれる所もあります。
映像を用意することは難しい場合でも写真のスライドショーなどは活用する方が多いようです。


大規模な装置が必要だったり、準備にお金がかかる方法の場合には葬儀の費用自体が高額になる可能性もあります。
内容を自由に決められるものの費用がどのぐらいになるのかは、良く確認をしながら決めるようにしましょう。


また、葬儀の内容に決まった流れが全くないため事前に決めなければならない要素が沢山あります。
式の流れの打ち合わせは入念に行いましょう。






無宗教での墓地所有や納骨はできるのか?


無宗教墓地

現在の日本では無宗教の人も増えてきています。
特に葬儀の形式なども自由葬儀、無宗教葬儀が増えてきています。
こうしたケースでは実は納骨の際に問題が発生する可能性があります。


そもそも無宗教の場合だと寺院墓地などを利用する事ができない、つまり納骨を拒否される事が多々あります。
あるいは葬儀のやり直しなどを要求される事もあるようです。


では無宗教では墓地を持つことはできないのかと言うと、そうではありません。
きちんと無宗教でも利用できる墓地は存在していますので安心してください。


公営の霊園や民営の霊園では宗教不問となっている事がほとんどで無宗教でも問題なく納骨する事ができます。
また、墓地とは少し異なりますが納骨堂などを選ぶケースも増えてきています。
その他、近年は自然葬などを選ぶ人も増えてきているため無宗教でもあまり問題がないと言えます。


トラブルに発展するケースとしては、こうした方法を知らずに寺院墓地を利用しようとした場合が多いようです。
無宗教葬儀を行ってくれる業者の中には新規の業者も多く、納骨などについてのアドバイスをもらえない場合もあります。
ある程度自分たちで調べておくとスムーズに話しを進めやすいかもしれません。


どうしても寺院墓地に納骨したい場合には無宗教葬儀を諦める事になるか、無宗教で葬儀を行ってしまった場合は
葬儀をやり直す必要も出てきますので、本当に無宗教葬儀で執り行って大丈夫かを良く確認してから進める事を
おすすめします。






無宗教で作る位牌の種類を紹介


無宗教位牌

葬儀の後に位牌を作るのがほとんどですが、無宗教での葬儀の場合は位牌を作る必要があるのでしょうか?
厳密には作る必要はないと思われますが、故人の没年月日や名前などの基本的情報を残す事や故人を思って
位牌を作る人もいるようです。


もし、位牌を作るのであればお近くの仏具店にお願いすると良いと思います。
一言で、位牌と言っても、材質、文字の字体など色々と決めなければいけません。
良く仏具店の方と相談し、どの様な位牌が良いか決める様にすると良いでしょう。


また、位牌を作るとなるとそれを収める仏壇も必要になります。
最近では小さいサイズの仏壇やモダンなデザインの仏壇なども売られていますので
仏壇を置くスペースに合ったサイズの仏壇を用意しましょう。


その他、位牌の大きさについては一般的にご先祖様の位牌よりも大きいサイズになってはいけないとされています。
これは、ご先祖様より大きい位牌を作ってしまうとご先祖様に対して侮辱になってしまうという意味合いから来ています。
もし、ご先祖様の位牌があるようでしたら、そこに注意して作って下さい。


位牌を作る際はご先祖様の位牌をベースに似た位牌をチョイスして作成しますが、ご先祖様の位牌が無い場合は
安くて、お持ちの仏壇の位牌を置く所に収まるぐらいの大きいサイズを選ばれるのが良いと思います。


無宗教なので厳密にはあまり関係ないと思いますが、ご先祖様や故人を偲ぶという部分においては無宗教であっても変わりませんので予め大きめの位牌を作り、その後の位牌については同じ大きさか一回り小さいサイズを作るようにすると良いでしょう。


位牌に入れる文字に関しては、無宗教の場合、戒名というものがありません。
その為、表面に俗名、つまり生前の名前を明記します。
裏には、没年月日と行年(享年)を明記します。


一般的な宗教の位牌の場合、表面には戒名を明記する為、裏には俗名と没年月日と行年(享年)を明記します。


また、位牌に記載する際の方法は2つあり、それによって工賃などが変わる場合があります。


1つは金色で単純に書く方法です。
この方法は一番シンプルで仕上がる時間も早く出来上がります。
ただし、仏壇や位牌の掃除の際に金色の塗料が徐々に薄くなっていき、文字が消える可能性があります。


2つ目は、文字を掘り、そこに金色を施す方法です。
掘られている為、掃除の際に塗料が薄くなる心配はありませんが、作成時に文字が間違っていた場合、作り直しが出来ないというデメリットがありますので、作る際は誤字が無いかはしっかりと確認して
作成するようにして下さい。






無宗教で行う法事の内容とは?


無宗教法事

最近、執り行われている「無宗教の葬儀」
故人の希望があったり、残った家族や親族が色々な宗教観を持っている為、揉め事を避けたくて・・・など
様々な理由で増えてきているようです。


勿論、亡くなった方への弔いの気持ちは大切ですから、葬儀やお別れの会はつつがなく進められたでしょう。
では、その後の法事はどうすれば良いか?皆さん悩まれる事と思います。


そもそも「法事」とは、仏教用語です。
故人の冥福(めいふく)の為に行う法要儀式で、一般的には初七日、四十九日、一周忌などがあります。
最近、初七日は葬儀当日に済ませてしまう事も多いのですが、四十九日、一周忌は親戚等が集まって
お寺等で供養の儀式を済ませ、一同で会食を行います。


無宗教で葬儀をされた場合でも、法事は亡くなった方のご冥福の為の儀式という事ですから
それぞれの法要の時期に、故人と親しかった方々が集まって「偲ぶ会」という名目で会食をされる事は多い様です。


その際、納骨が済んでいれば皆さんでお墓参りをされた後に、別の場所に移動して故人を偲びながらの会食となります。
無宗教の場合は、霊園や納骨堂、永代供養墓等の納骨が多く、また納骨の済んで無い場合は、お墓参りはカットされる事もあります。

一般に法事では、法要と食事と返礼品がセットとなり、案内をいただいた方も金銭を用意します。
無宗教とはいっても、付き合いは付き合い。
食事が付く場合は、その費用をどうするのかはチェックする必要があるでしょう。


葬儀の時もそうですが、「無宗教の葬儀」というのは意外と時間をもてあまして、手持無沙汰になる事もある様です。
法事の際は、本当に近しい人だけの会にした方が無難と言えると思われます。