生前整理とは?生前整理のやり方

生前整理とは?


生前整理

生前整理とは、文字通り自分が生きているうちに、いる物や、いらない物、財産となる物などを整理することを言います。


実際に生前整理をしたことがある方は少ないのではないでしょうか?


予め元気な内に生前整理を行えば、もし自分が亡くなったとしても、その後に起こるであろう様々な
問題を回避できる可能性があります。


例えば、亡くなった後に残る、家や土地、高級品や美術品など遺産となる物の相続争いが起こるかもしれませんし
高価な物と知られないで貴重な美術品や芸術品をゴミとして捨てられてしまうかもしれません。


また、生前整理をせずに全てを遺品整理に回してしまうと、後の家族がその整理で相当な負担になります。
そのような事態を防ぐためにも、生前整理は行っておきないところ。


それと生前整理のタイミングを利用して、亡くなった時の事や財産の事について家族や親戚と話し合う場を設けるのも
良いかもしれません。


前もって話し合い、同意を得ることで、後になって「そんな事私は知らない、聞いていない、そんな内容納得できない」と
揉め事にならない様に防ぐ
ことが出来ます。


また、話し合いを行う前に弁護士や相続関係の相談事務所などに生前中に相続の話し合いをする時のポイントなどを相談してみるのも良いと思います。
なぜなら、その話し合いの場でも揉め事は発生する可能性があるからです。


生前中に相続に関して、揉め事にならない為の話の進め方を伺った方がスムーズに、進められると思います。


後々に争い事や問題を起こさない様に予めの行動が重要になってきまし、その為にも生前整理というのは重要な終活と言えます。


家族と一緒に生前整理をすることで、今までの様々な思い出が蘇り、気持ちの整理も同時に行え
整理が完了すれば、その後の残りの人生も明るく楽しく過ごせる様になれます。


終活の1つとして、やってみてはいかがでしょうか?






生前整理のやり方の2つのポイント


生前整理のポイント

これから生前整理をやろうと考えている方は少なからずいると思いますが
その時にどう進めていけばいいのか、分からなかったりしませんか?
そんな時の生前整理を進めるコツを紹介したいと思います。


まず生前整理には2つの大きなポイントがあります。


【ポイント1】どこから始めたらいいのか?

そもそも生前整理をどこから始めたらいいのか?最初から壁に当たり悩んでる方はいると思います。


これに関しては、「財産として残る物」から始めると良いと思います。


例えば

・健康保険、保険関係の書類や証書、年金
・土地や不動産関係
・預貯金などの銀行関係
・証券類
・コレクションしている美術品や芸術品など

片付けを始める前に、リストを作成するとよりスムーズに行えると思います。



そして、これらは鍵をかけられる場所など、安全な所にひとまとめに保管します。


また、整理された財産を誰に相続させるか、決める必要が出てきますので
財産関係の物が整理できた後、何の財産が残っているのか?そのリストも作成しておくと便利です。


また、財産とは別に注意点として
ぺットを飼っている場合、自分が亡くなった後で誰かに飼ってもらわないといけません。
その飼い主を見つける事もやっておくと後が楽になります。







【ポイント2】必要な物と処分する物の仕分け

次に、物の仕分けです。


物は、歳を重ねていくごとに増えていきます。
いざ、生前整理を始めると、かなり物を貯め込んでいる事に驚く方が多くいらっしゃいます。


後で使えるだろうと残しといた物や趣味の道具、ブランド品など
知らず知らずの間に想像以上の物を貯め込んでいたりするのです。


まずは、不要な物をどんどんまとめていく為にスペースを作る必要があります。


普段、物置として使っている部屋や押し入れ、天袋など入っている物を外に出して並べます。
その中で「必要な物」「処分する物」「誰かに譲る物」を仕分けます。


そして「必要な物」は元に戻し、「処分する物」と「誰かに譲る物」は別々で一か所にまとめます。


スぺースが確保できたら、次に「思い出がある物」を同じく仕分けていきます。


例えば

・衣類や雑貨など、もう使用しない物。
・友人や知人からもらった物で不要な物。
・使用する事がなくなった家具、家電、健康器具など。
・趣味の物。
・古くなった高級バックなどブランド品。
・本や雑誌など。
・もう付ける事のない時計や宝飾品。
・写真など。



その時の思い出と一緒に溜まっている状況が想像できると思いますが
今後生活する上で必要な物なのか、一つ一つ向き合ってく事が大事になってきます。


ここで、思い出深い物があると、どうしても捨てずらかったりしますが
思い出として本当に残したい物は、別によけて、先に片づけるのを進める様にして下さい。


感傷に浸り過ぎてしまうと、進めなくなりますから、感傷も程ほどに留め
生前整理を行う事を心がけて下さい。


また、仕分けの時にいるか?いらないか?分からない場合は思い切って処分する事も大事になります。
最初は抵抗があると思いますが、思い切って一つ処分するとその後はだんだんと抵抗が消えていきます。


処分する物の中には、リサイクルショップなどで買い取ってくれる物もあるかもしれませんので
捨てる前に、一か所にまとまっている状態で一度業者などにお願いして、まとめて査定を行ってもらい
売れる物があれば、お金に変えて、売れない物でも回収してくれる業者もありますので
1回で片付ける事も出来ます。


次に、写真や手紙などの処理について
最近ではデジタル化をしてくれる専門業者があったりしますので、それを有効活用しデータ化すれば
かさばる紙類も整理できます。


この2つのポイントを踏まえれば、少なくとも生前整理の時に迷う事は減ると思います。
生前整理の参考にしていただければと思います。