永代供養にかかる費用や位牌などについて

永代供養の費用とは?内訳や相場を紹介


永代供養費用

最近、聞く事が多くなってきた永代供養という言葉。
都市部の方や、経済的な余裕があまりない方が利用しているようです。
この永代供養の費用はどのぐらいなのか、気になる方がいらっしゃるのではないでしょうか?


この永代供養は、多額の費用が掛かる墓石が不要であり、墓地使用料が必要な場合でも割安なところが多く
通常のお墓と比べて費用は格段に安くなります。


条件として檀家にならなければ、入れないお寺もありますが
利用できた場合の一般的な永代供養料の相場は10万円~100万円
と言われています。

これは、都会や地方によって土地代が大きく違いますのでその差が永代供養料に反映されます。


永代供養の内訳は、永代供養料や墓地使用料、納骨料や墓誌への刻字料などが含まれています。
したがって、基本的には永代使用料・永代管理費などにあたる料金を一度支払えば、以後の料金やお布施を納める必要はないことが多いです。


具体的にどれくらいの金額になるのかは、場所によって異なりますので、予め確認が必要です。


一般的にお墓をお持ちの方で、菩提寺にあるお墓に引き続いて納骨する場合
護寺会費というお金を毎年納めるのが普通です。


お寺によって異なりますが大体5000円~7000円位です。
また、法要もお金が掛かります。


その他、菩提寺の建物が修繕が必要になった際などには、自分たちのお寺ですから
その費用を分担して支払う必要があります。


とあるお寺の檀家で、そのお寺の敷地内にあるお墓をお持ちであれば、このようなお寺の維持費にあたる料金を
毎回、払う必要が出てきます。



経済的余裕がある場合は、特に問題ではないと思いますが、不況の中で私生活が苦しい状況が増える中
また、病気や介護など、更に負担が増している事もあり、正直そこまでお金が掛けられないのが現状です。


更に少子高齢化や核家族の時代にお金が掛かる檀家制度は負担が大きく、菩提寺離れは増加するでしょう。


そういった時代背景により
墓石を必要としない永代供養や納骨堂という新しい形が浸透してきている
と言えます。


また、お寺側もそうのいった時代背景の中でお寺を維持していかなければならない為、檀家になれない方でも
利用してもらう為の策とも言えます。


また、結婚をしない方も増えおり、一家のお墓を継承する人がいないという状況も増えています。
継承する人がいなければ、お墓の管理も、ご先祖の供養もできません。


ですが永代供養は、継承する人がいなかったとしても、そのお寺が代わりに供養を行ってくれます。
1回のみお支払いで、そういったメリットが得られる事もあり、永代供養を利用する人は増えることでしょう。






永代供養墓とは?


永代供養墓

少子高齢化や非婚、核家族の増加といった現代社会の流れにより
代々受け継がれるお墓を守っていくことが難しくなってきました。
お墓の後継者がいなくなるとお墓は荒れ、無縁墓となってしまいます。


永代供養墓は、このような状況に対応するために生まれた新しいお墓のスタイルです。
永代供養墓のほとんどは寺院や霊園内の広い納骨堂を共同で使用します。


墓石代がかからず、墓地使用料は安くすみます。
お布施や墓石の管理費が要らないため、お墓を守っていく費用も安価です。

また、基本的に宗教、宗派、宗旨を問わないので、誰でも申し込むことができます。



仏教で埋葬する場合は、戒名がつきますが、永代供養墓に入る場合は戒名がなくても俗名で大丈夫です。
戒名を付けたい場合は寺院に別料金でお願いすることになります。


親しい方や、苗字の異なる方とも一緒の永代供養墓を選ぶことで一緒のお墓に入ることができます。
そして墓守の一切は寺院にお願いすることが出来ますので、お墓の跡取りのいない人や家族が遠方に住んでいる場合も安心です。


永代供養墓は一般的に他の人と一緒に納骨されますので、これに抵抗がある人には
永代供養付きの個別墓地という選択肢もあります。


永代供養の共同墓に比べると初期費用はかかりますが、墓石のスタイルや参拝に自由度が増します。
ひとつ注意したいのは、永代とは言いますが、実際には30回忌や50回忌まで、と期間の決まっていることが多いようです。


期間の過ぎた後は合祀墓に入ることがほとんどです。
永代供養をお考えの方は、規約をよく確認することが大切です。






永代供養にした時の位牌について


永代供養位牌

自宅に仏壇がある家庭なら、その中に故人の戒名や法名を記した位牌が収められていると思います。
宗派にもよりますが、一般的には葬式から四十九日の法要までは白木の仮位牌を祭壇に置き
四十九日の法要までに、今度は仏壇に入れる用の本位牌が必要になりますので、仏壇センターや
葬儀でお世話になった葬儀会社などで、本位牌を作ります。


そして、四十九日の法要を行い、本位牌が初めて仏壇に入る流れになります。
その様な流れで、位牌が先祖代々作られてきた訳ですが、時代背景により仏事のスタイルは変わってきます。


例えば、最近よく耳にする事が多くなった「永代供養」というスタイルなどがあります。
これは、経済的余裕が無かったり、そもそも仏事にあまり関心が無く、お墓や仏壇などを持たない方が
利用されているようです。


時代によって仏事が変わるのは、ある意味仕方ない部分もありますが、本来であれば
各家系で持っているお墓や仏壇があり、ご先祖様を代々供養してきた訳です。


ですが、このご時世でお金をあまり掛けたくない方は増えており
また、仏事に対する関心も薄れ、都内などでお寺の檀家になっている方は少なくなってきました。


費用が抑えられて、もっと手軽に供養が出来る「永代供養」に注目が集まっている訳です。


では、この永代供養に切り替えた場合、これまで自宅にあった位牌はどうすればいいのでしょうか?
基本的に永代供養を行っているのは、お寺が多く、専用のお骨を収めるスペースがあります。


また、これまでの位牌も一緒に供養行っているところもあり、お骨と位牌を共に引き受けてくれます。
供養の方法には、数年程度預かる一時と永代の2種類があります。


一時は一定の契約期間が過ぎた段階で再び位牌を引き取るか、寺で魂抜きをして処分してもらうかを決めるものです。
永代はだいたい20年程度預かり、そのあとで寺が処分することが多いようです。


永代供養してくれるお寺の中には、本堂などに位牌の安置場所を設け、そこで供養してくれるところもあります。

この場合、遺骨と位牌の双方をお寺が責任を持ちます。
ただ、こうした供養方法については宗派やお寺、納骨堂それぞれによって対応が異なります。
永代供養の申し込みを検討されている方は、事前の確認をおすすめします。