密葬の香典やマナー関連・費用など紹介

密葬とは?本当の意味と内容を紹介


密葬の意味

現在の葬儀はニーズの多様化により、その形式の種類が細かく分かれ、様々な葬式が増えています。
そういった中で「密葬」という葬式があるのをご存じでしょうか?


最近では、よくニュースなどで有名人の訃報が流れた時に「密葬」で執り行うと報道される事があります。
この密葬という葬式はどういった内容なのか、知っている様で本当の意味を知らない方が多いのではないでしょうか?


「密葬」とは「本葬」の前に行うもので、一般の参列者よりも先にまず一度近親者やのみで行う葬儀になります。
その後一般の参列者を招いての本葬、社葬を執り行います。
この「密葬」「本葬」は基本的にはセットであり、「本葬」を行うことを前提とした葬儀密葬と呼びます。


ただし、葬儀の形は家族によって様々で本葬を執り行わない密葬もあります。
そういった場合は、本葬の代わりに「故人をしのぶ会」や「お別れ会」を行う場合もあります。


家族葬との違いとしては
本葬に先んじて行われる密葬に対し、家族葬は本葬を伴わない葬儀になります。


「密葬」「本葬」と執り行う場合は経済的にも負担になりますので、こういった事情がある場合、または付き合いでの参列を避けたい、最後の時間を家族だけで過ごしたいといった様々な理由で一般の参列者を求めない場合にはこういった形式をとります。


ただ、家族とありますが血縁関係にない人でも故人と親しかったり関係性が濃い人などを招くこともできますし、その形式は様々で厳密な定義はありませんが、より最後の時間を愛する家族、親しい友人だけで過ごしたいといった思いが形になった葬儀とも言えます。


これは葬儀というものが時代の流れによってその形式を変えるためでもあり、そもそもの密葬の形が現代の形に変わったものでもあります。
現代のスタイルとして家族中心、少人数といったものが反映されたものであるとも言えます。






密葬のマナーで気を付けたいポイント


密葬マナー

親しい友人、又は大変お世話になった知人、仕事関係の偉い方などから密葬の通知が届いた場合
参列するにあたって気を付けるべきマナーや注意点はどういった事なのか?


相手に失礼にならない為にも、知識として知って損はありません。
聞きなれない密葬という葬式に、どのタイミングで参列したらいいのか?
香典は?など根本的な部分をご紹介したいと思います。



◆そもそも密葬でも参列してよいのか?

密葬の場合、遺族から参列をお願いされない限り参列しないことが原則となります。
もし、故人と親しい間柄で遺族から参列をお願いされない場合は、参列を避けるか遺族に問い合わせましょう。
遺族の意向もあるので、自分だけの判断で参列することのないようにしてください。



◆香典を出しても大丈夫なのか?

密葬は遺族だけで火葬をし、後日改めて本葬やお別れの会などを行うのが一般的です。
そのため、密葬の際に香典を出すのは控えるべきです。


後日の本葬やお別れ会の際に香典を出すか、また密葬のみの場合は、葬儀や後片付けなど全てが終わり
遺族が落ち着いたタイミングを見計らってお悔やみと香典を送りたい事を伝えると良いでしょう。



◆他の人に知らせていいのか?

密葬を選択した遺族の意向は様々な事情があるでしょうから、他の人に知らせるべきではありません。
また、密葬が終わった後も遺族以外の人が他の人に知らせるべきではありません。
密葬は、他人が関わること自体が遺族の迷惑になる場合がありますので、注意しましょう。



◆弔電を出してもいいのか?

密葬では、葬儀の案内はごく限られた人に送られているため、案内が届いていない場合には弔電を出す必要はありません。
案内が届いている場合であっても、弔電を出す必要はありません。



◆供花や供物を出してもいいのか?

密葬は遺族が故人と静かにお別れをしたいという気持ちがあります。
もし、供花や供物を出してしまうと、その配列やお礼の手配など遺族の手を煩わせることになります。


葬儀の案内が届いていた場合、供花や供物を受け付けるかの記載があるかを確認しましょう。
何も書かれていなければ、供花や供物を出すのは控えるべきですし、案内自体が届いていない場合も、やはり控えるのが
良いと思います。


密葬は一般の葬儀と違い、ご家族やご親族の心情が色濃く関わっている場合が多いと思って間違いないと思います。
なぜ密葬を選ばれたのかを考えて、行動する事が大事になります。


生前すごく親しかったや、色々大変お世話になったので是非お香典や生花を出したいと一方的な気持ちで行動してしまうと
かえって相手に失礼になったり、余計な負担をかけてしまう場合がありますので事前に確認を取るが大切です。






密葬の費用はどのぐらいなのか?


密葬費用

有名人などの訃報のニュースなどで聞く機会多い「密葬」という言葉ですが
密葬の費用は大体どのぐらいなのか気になる方もいるのではないでしょうか?
相場としては大体50万円以上からがその費用の目安となると言われています。


最近では有名人だけではなく、核家族化などの影響により一般の方でも密葬を選ぶ方が増加しています。


葬儀に関する広告で、大体20万程度と費用が見積もられていることも多いですが
実際のところ、そのほかにも追加料金がかかるケースがほとんどです。
その提示している金額が総額なのか、確認をする必要があります。


また、密葬でもプランによっては費用が異なります。
密葬のみで、本葬を行わないという場合にはある程度の費用で執り行えると思いますが


基本的に密葬の後、本葬や偲ぶ会、お別れ会などの会葬者の為の場を設けるのが大体です。
そういった場合は費用がまた変わってきますので、詳しく下調べをする事が大切になってきます。


密葬を行う上で、気をつけなければならないことがあります。
まず、密葬とは遺族をはじめ、親しい関係の方のみで行う葬儀ですので
本葬を予定していて、そちらの方へ参列される方に、これが伝わってしまうと、非常にややこしくなってしまいます。
密葬の利点が薄れ、対応の手間がかかりますので、あくまでも密葬は周囲に漏れないようにしておきましょう。


また、密葬のみも場合には、葬儀後に弔問対応が必要となるケースもありますので、葬儀後の事も踏まえて
考えておく必要がありますので、そこも注意しておきましょう。