神道の葬式や香典・費用などいくら掛かる?

神道の葬式に持参する香典の相場とは?


神道_葬式_香典

日本では一般的に、生きている間の祭事は神社に、そして亡くなってからのお墓の面倒はお寺にお願いする
という慣習ができています。


お葬式に関しては仏教のお寺にお願いするのがメジャーですが、数は少ないものの神社にお願いして神式のお葬式をする
ケースも存在します。
こういった神葬祭に参列する場合はマナーが少し異なってきますので、注意しましょう。


仏教と神道とでは、死生観などに大きな違いがあるため、お葬式に関しても細かく相違が出て来ます。
例えば、死を穢れ(けがれ)とするために神域である神社で儀式を行うことはなく
自宅あるいは一般的なセレモニー会場などで行われます。


また仏式の葬儀であれば、お焼香を行いますが、神式の場合はお焼香ではなく
榊(さかき)の小枝をお供えする玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行います。


そして仏式の葬儀で大体用意される戒名に関しては、神式の場合「おくり名」というのがつけられます。


ですが神葬祭に参列する側として一番気を付けたいのは、香典の渡し方です。
金額の相場に関しては、一般的な仏式での香典と全く変わりません。


会社の同僚や上司であれば5000円から、友人知人やご近所の方なら3000円から、親族で10000円から、兄弟や親などの近しい家族であれば30000円からとなっています。(常識ですが4や9で始まる金額は死・苦を連想させるのでタブーです。)


もちろん新札は使わずに、これを不祝儀袋に入れてお渡しします。
表書きについては「御玉串料」「御榊料」といった書き方、あるいは「御霊前」と書き入れます。
この際に水引がついているのは構いませんが、蓮の絵入りの仏式のし袋は使えませんので、注意しましょう。






神道の葬式に掛かる費用の相場


神道_葬式_費用

神式で行うお葬式のことを神葬祭(しんそうさい)と呼びます。
日本においては葬儀は圧倒的に仏式が多いのですが、神式のお葬式が難しいというわけではありません。


大抵はどこの葬儀会社でも、神葬祭を執り行うことが可能です。


ただ料金体系については、よく注意する必要があります。
一般的に戒名料がなく、僧侶に渡すお布施がない分、神道式の方が安くあがるというイメージが持たれています。
ですが、実際には神主さんにお礼として渡す玉串料というものがあり、最終的には仏式での場合と値段面では何ら変わりがありません。


もちろん、お葬式の規模によっても違ってきますが、一般的な費用の平均相場である200万円前後を大きく割ることはありません。
ご家庭の伝統として神式を行っているのなら自然な流れですが、「安くできそうだから」と言う理由で
神式のお葬式を選ぶのはおすすめしません。


また、一つ注意したいのは、葬儀会社が初めに設定した神式のお葬式プランに、追加料金を上乗せしてくるケースです。
これは仏式でもキリスト教式でもありうる問題ではありますが、マイナー色の高い神式で行う点で
どうしても葬儀会社に押されてしまうこともあるかもしれません。


そういった場合に備え、初めに業者を選ぶ段階でよく数社を比較し
納得のいくプランや料金体系を提供してくれる所を選ぶのが最適です。


また、神葬祭は神社では行われません。
自宅および貸会場などに神主さんが出張して、儀式を行います。
費用を抑えたいのであれば、こういった会場に自治体の公共セレモニーホールを選ぶなどの工夫をしてみましょう。






神道の葬式で知っておきたいマナー


神道_葬式_マナー

神式葬儀に今後参列する機会はあまり多くないかもしれませんが
ないとは言えないので独特の事情については知っておいた方が良いでしょう。


神道における葬式の際には仏教とは違うところがあるので、特にそういったところは詳しく知らないといけません。
仏教の葬式に慣れてしまっている人もいると思いますが、神式葬儀においては仏教の葬式とは一部異なるマナーがあるのです。


1番分かりやすい例でいうと、数珠の扱いです。
仏教の葬式においては数珠を身に着けることは一般化していますが、神道の葬式ではむしろマナー違反とされているのです。


仏教の葬式では当たり前になっている数珠は神道の葬式では使わないようにしましょう。
これはあらかじめ知らないと多くがやってしまいがちなマナー違反になると思われますから
絶対に知っておくべきだと思います。


また、神道の葬式ではどういった服装が良いのか、という部分ですが
こちらに関しては、仏式の葬儀と違いはあまり無く、基本的に喪服を着て、その他の持ち物も黒で統一するというのが一般的です。


そして、神式葬儀で気を付けたい作法があります。
それが「二礼二拍手一礼」です。


これは普段、神社に参拝した時に行う作法と同じ意味合いですが、葬儀の場合少し違った形式なります。
神式葬儀で行う二礼二拍手一礼の時は、音を立てずに二拍手します。
決して、音は立てない様に気を付けて下さい。


また、挨拶の場面でも気を付けたいフレーズがあるので、こちらも覚えておきましょう。
よく、仏式葬儀の挨拶で「冥福」「成仏」「供養」などのフレーズが入ってるパターンがありますが
神式の場合は、使ってはいけないフレーズになりますので気を付けて下さい。


神式葬儀の挨拶では「御霊のご平安をお祈りいたします」という形式の挨拶になりますので
神式葬儀を執り行う、又は参列する場合は、こういった部分を前もって調べる事をおすすめします。