直葬とは?


ご臨終
直葬とは簡単に言うと、お通夜や葬義・告別式などを行わない
お葬式の事を一般的に言います。


火葬だけをする場合と、火葬時、又はご安置している部屋に僧侶を招き読経
してもらうなど、直葬でも様々な形式があります。


最近では葬儀会社によって独自の形式やオプションがあります。

葬儀会社を紹介してくれる

普通の一般葬では、通夜振る舞いや精進落としと言われる食事がありますが
直葬では、そこも省いた葬式になります。


その代りとして『お別れを偲ぶ会』と称した食事があったりと
現代風にアレンジされた直葬も出てきています。


直葬の流れとしては、まずご臨終になった場合、葬儀会社に連絡をします。
病院などで亡くなった時は、病院側が葬儀会社を紹介してくれる所もあります。

葬儀会社へ連絡

法律上、火葬を行うには24時間のご安置が必要になります。
その時、自宅でご安置するのか葬儀会社で預かっていただくのかを決めます。


アパートやマンションで階段しかないお住まいの方、家の中が狭くご遺体を入れられないなど
自宅にご安置するのが難しい状況であれば、預かっていただくのが良いと思います。
その時、ご安置料などが発生します。


ですが、エレベーターがあるお住まいではお柩が乗せられる様な構造になっていたり
しますので、事前にマンションの管理人に確認をするのが良いと思います。


その後、葬儀担当者と葬儀内容の打ち合わせを行い日程を決めます。
菩提寺がいらっしゃる方は最優先でご住職へ連絡をしてから
葬義担当者と打ち合わせを行うのが良いと思います。


次はご遺体を納棺します。

ご安置場にてお焼香

お葬式当日の流れは、葬儀会社や地域的な風習などで、多少の違いはありますが
一般的に多い形式は、ご安置している場所でお焼香や生花の用意をしている方は
お花をお柩に入れるなど少しの偲びを行います。

火葬出棺前のお花入れ

その後は、お柩を霊柩車へ移動し火葬場へ出棺します。
火葬場に到着し、故人へ最後のお別れを行い火葬して骨上げをして終了となります。

火葬場で最後のお別れ

近年ではこういった直葬が増えてきいます。


その背景としては、やはり金銭的な事情が1つの理由としてあります。
長らく続いている日本経済の不況が影響して各々の金銭的な余裕がなくなっている為です。
ですので、お葬式にお金をかける事が厳しくなっています。

葬儀にお金を掛けられない

それ以外では、お寺との繋がりが昔より希薄になってきているのも理由の1つとして
あげられます。


昔はお寺とその檀家の関係がしっかりありましたので、
多少費用がかかったとしても、ちゃんとした葬儀を自分の家か、又は菩提寺で行うことが多かったです。


現在、そういう形式で行うのは地方の方が多く、都心に向かうにつれて
密葬、家族葬、一日葬、直葬などが増えていく傾向です。


又、近年では地方の方でも自宅やお寺で葬儀を行わず、セレモニーホールを使用するケースも増えており
家族葬や直葬などを行う方も出てきています。


お寺と人との繋がりが弱くなっているため、無宗教であったり
例え菩提寺があったとしても金銭的な理由で
30万円ほどで出来る直葬などが増えてきていると見られます。


まとめとして主に目立つ要因が
『経済的な理由』と『お寺との繋がりの低下』
この2点から、現代の直葬が増えてきていると思われます。


直葬と家族葬の違い


まず、直葬ではお通夜や葬儀・告別式の儀式を行わず火葬だけを行う形式と初めにお伝えしました。


規模としは故人の家族(遺族)また最も近しい親類だけに訃報を通知する方がほとんどですので
10人前後ぐらいの規模が大体です。


家族葬についても訃報を通知する人は、故人の家族(遺族)と故人の兄弟などいわゆる親戚(親族)だけに
なりますが家系によってはそれなりの人数になったりする場合もあります。


ですが、大体の方は近しい親類にしか訃報を通知しなかったりと、やはり比較的小規模なお葬式になります。

お通夜の受付

直葬との一番の違いは、お通夜や葬儀・告別式を普通に行うという所になります。
金銭的な余裕は無いけれど、家族、親戚の人達だけでもちゃんとしたお葬式をあげたいという方が利用される傾向です。

葬儀・告別式

また、中には参列するのがいわゆる血の繋がりがある方々だけという事で
お通夜を省いて、葬儀・告別式だけ行う“一日葬”という形式も最近では行われています。

小規模な葬儀を望む方の増加

また、こういった小規模なお葬式を当人が望む傾向も最近では多くなってきているということで
『子供や孫に負担を掛けたくない』と考えていらっしゃる祖父・祖母・父親・母親が増えてきている様です。


直葬のメリット


直葬には、従来の葬儀にはない大きなメリットがあります。
それは葬儀費用の安さという部分です。


従来の葬儀の場合、葬儀費用は安くても100万、高い場合300万以上します。


葬儀の参列者が香典を包んでくれることを計算に入れたとしても、
その葬儀費用の負担は大きく感じると思われます。


しかし直葬の場合、地域や葬儀会社にもよりますが
大体掛かる葬儀費用は30万前後が多いです。


中には安さを追求した10万円以下のプランなども、葬儀会社によっては提供している様です。
10万円以下の直葬となると、ほとんど火葬しかしないと思いますが、その代わり圧倒的に安いです。


僧侶の読経や戒名、あるいは豪華な祭壇やお棺など
そういったものにあまり意義を見出せない人にとっては
直葬は非常に経済的な葬儀となります。

僧侶を呼んで枕経

『さすがに火葬だけというのはちょっと…。』という方でも
僧侶を呼んで枕経というちょっとしたお経を唱えてもらう事や
一番安価な戒名をつけてもらうなど、葬儀会社にようってはそういうオプションも存在する様です。


その安さの他にも、直葬にはメリットがあります。
それはお葬式を身内だけで行うことが出来る点です。


お葬式は大規模になればなるほど、日頃あまり付き合いのない親戚や
仲の良くない知人と顔を合わせることが多くなります。


そういったわずらわしい行為を抜きにして、
純粋に故人を弔いたい場合にも直葬は便利です。


直葬のデメリット


直葬は葬儀費用が安いという大きなメリットがありますが、
デメリットもあります。

そのデメリットの中で最大の部分は、家族、一族の反発と世間体です。

直葬への反発

今でも、葬儀の格式や正統性というものを重んじる人々が日本には一定数存在します。


そういった人にとって、直葬はあまり認められるものではありません。


そういう人が一族にいると、「きちんとした葬式をやらないのはよくない」と
反感を買ってしまう可能性がありますし、また世間体も悪くなる恐れがあります。


世間体については、東京や大阪のような都心部だと
周囲のつながりが薄い方が多い事もあり、あまり問題がない事が多いのですが、
地方になればなるほど昔からの風習や考え方が幅を利かせているので、
直葬の世間体が悪くなります。


したがって、地域によっては直葬をするとご家庭の評判に影響が出る可能性があります。


また、それ以外にも直葬には心情的な問題があります。


直葬は普通の葬儀と違って、お葬式という形できっちりと心理的な区切りをつけるのが
人によっては難しくなります。

直葬のによる周りからの不満

また、直葬は基本的に身内だけで行うものなので、
故人の友人など、なかには『葬儀に出席したかった。』『最後のお別れをちゃんとしたかった。』と
言われる人もいるでしょう。


そういった点も直葬のデメリットといえます。


直葬をお考えならば、こういったデメリットについても
よく家族や、又は葬儀会社に相談し、どの様に対処すれば良いか一度考えてみるのが良いと思います。


直葬での戒名について


戒名とは、簡単に言うと仏様の弟子になる時に与えられる
名前を指します。

一般的は、亡くなった後に付けられる事が多いですが
これは、生前中でも付けてもらえます。

直葬の場合、問題になることのひとつが戒名です。

戒名に関する問題

お葬式を直葬で行う場合、無宗教の方は戒名をどうするか?
という問題にぶつかります。


近年では、葬儀会社がお寺を紹介してくれたりと
無宗教でも『最後だけでも戒名を付けたい』又は『付けてあげたい』と思っている方でも
戒名を付けられる様です。


この戒名、果たして必要なものなのでしょうか。


特に信仰がないのであれば、戒名に関してそこまで拘る必要はないと思われます。
中には俗名(生前の名前)で供養される方もいます。
※宗派によっては俗名を使用するところもある(創価学会など)


普通は葬儀をしてそこで僧侶に戒名をもらう事が多い訳ですが、
直葬を選ぶ方は、お寺とのお付き合いがない方が多いです。


では直葬をすると戒名が全くもらえないのか?
その心配はありません。


直葬時に僧侶を呼んで簡単なお経を上げてもらう事や、その時に戒名を授けてもらう事も出来ます。


戒名をもらう際は、その辺を良く確認する必要がありますので
十分注意が必要です。


直葬の金額


直葬の葬儀費用は葬儀会社や地域によって異なりますので、なるべく抑えたい場合は相場を知っておく事が大切です。


都心の場合は安い相場で12万円前後、一般的な相場で30万円前後、高い相場で50万円前後となっています。
他の地方でも安い相場は12万円ほどと変わらず、一般的な相場や高い相場は都心より比較的低くなっています。
中には7万円から9万円ほどと格安で直葬をお手伝いしている葬儀会社が都市部でも見られます。


葬儀会社の平均ですと18万円から30万円ほどですが、高い葬儀会社だと30万円以上から50万円以上と言った費用が見られます。
葬儀会社によって追加費用が一切かからない場合、火葬費用については別途追加される場合とあります。
夜間や早朝対応の場合は別途費用が追加される葬儀会社も見られます。


直葬じたいの費用は安くても追加費用を含めたらそれ程でもなかったと言うケースが考えられますので、追加費用が掛かるのか
掛からないのか事前に良く聞いておいたほうが良いです。
費用の内訳は葬儀会社にもよりますが納棺や防水シーツや消毒剤などの消耗品、ドライアイス、寝台車、お棺、葬儀ディレクターなどへの人件費など様々です。


それぞれの費用が分かり易くなっている葬儀会社だと安心感が高まります。
分からない場合はどうなっているのか確認を行うと良いと思います。


直葬の注意点


実は故人がどこかのお寺の檀家

葬儀費用も安く便利な直葬ですが、注意するべき点があります。
それは、「直葬する故人がどこかのお寺の檀家」であった場合です。


直葬した後で故人とお付き合いのあるお寺に、「ここに埋葬して欲しい」と頼むと
トラブルになる場合があります。


理由として、お寺はお葬式や法事などのお布施などが主な収入になり、それでお寺を運営していますので、
読経や戒名をお願いする事もなく、無断でお葬式を挙げて、その後に納骨だけお願いしたいと頼むのは
そこのお寺のご住職、並びに檀家の人達の反感を買う恐れがありますので
前もってその寺のご住職などと話をしておく必要があります。


どうしてもまとまらない場合、どこか別の直葬でも大丈夫ですよというお寺で埋葬してもらう方法などがあります。
また、現在では無宗教の家庭が増えてきている事もあり、お寺ではなく他が運営してる共同墓地などで納骨が出来る施設
もあります。


それ以外にも直葬には注意点しなければならないところがあります。


故人の友人知人や縁の遠い親戚が参列できないという点です。
直葬をお考えの場合は、それらの人の了解をとっておいたほうが無難です。


また、自身や親が直葬でお葬式をするつもりなら、
前もって周りの人間に意向を伝えておいたほうがいいでしょう。

周囲に事前に通知

前もって伝えておくことで、直葬してからのトラブルを防ぐことが出来ます。
特に菩提寺がある方で、そこに埋葬してもらおうと思っている場合は
最優先で話を通しておいたほうがよいです。


最後に、直葬してもらう葬儀会社の選び方ですが、
安い価格でだけで選ぶのはあまりお勧めしません。


というのも、サービスや対応が悪い可能性があるからです。


葬義会社としても商売ですので、なるべく売り上げを上げたいのが本音です。
できれば、あまり儲からないお葬式は避けたいのです。


お葬式を行う側としては、安い価格でサービスや対応が良いところが一番ですので
もし、長年病院に入院してるとか、年齢的にも少し考える必要があるのならば
前もって幾つかの葬義会社に見積もりをお願いし、比較する事を大切にして下さい。


お葬式でのトラブルは人間関係や金銭的な事が多いです。


又、その故人のお葬式は1回限りですので、悔いのない葬儀にするためにも
まだ健在な内に、ご家庭、ご親戚、ご友人、知人、職場関係の方
菩提寺がある方は、ご住職にしっかりとその旨を話、相談し、
生きている間にある程度決めておくことで、最悪なトラブルは避けられますので
それらを前もって準備する事をお勧めします。


新着記事

人気記事

最近の投稿