散骨の許可や掛かる費用などを教えます

散骨には許可が必要なのか?


散骨許可

皆さん散骨というのををご存じでしょうか?
散骨というのは、お墓への埋葬と別に、例えば海や山などに遺灰を撒いて供養とする方法の事を言います。


最近では、有名な芸能人の遺灰も散骨で供養されたり、映画でも散骨する1シーンがあったりと
少なからず、散骨に関して見たり聞いたりしている方はいるのではないでしょうか。


そういった影響もあってか、一般の方でも散骨を希望する方が徐々に出てきています。
では散骨をする場合には、どうすれば良いのか、なにか必要な許可がいるのかなど、ご紹介したいと思います。


散骨をするにあたり、必要になるのが遺骨を細かくし、粉骨にする事です。
この粉骨は、自分で行っても構いませんが、家族のお骨を自分で細かくするというのは
なかなか気が進まない方がほとんどではないでしょうか?


そういった場合は遺骨を粉骨にする作業を請け負っている業者に依頼して粉骨されるのが良いと思います。
この方法は、既にお墓等に埋葬を済ませている場合が主だと思います。


事前に散骨する事を決めている場合、多くは火葬場で粉骨する設備があり、有料で火葬後粉骨をしてくれます。
ただし、あらかじめ事前の依頼が必要になりますので、注意するようにしてください。


散骨の許可に関しては、法律上では特に定められている訳ではなく、特に許可が無くても問題にならないのですが
実際のところでは、法律的に散骨という行為はグレーゾーンと言われています。


墓地・埋葬に関する法律では、遺骨を骨壺から、取り出して、墓地として認定されていない場所に人骨だと分かる状態で
直接埋めた場合は違法になる
とされています。


ただし、これが粉骨されいて、一目でお骨と分からない状態になっている場合で
尚且つ「埋める」のではなく「撒く」行為に関しては法律で定められていない為、違法にはならないという事なのです。


法律上、違法とはならないのですが、散骨を希望されている方は時間の余裕を持って、予め下調べを行う事や
そこの地域では散骨を許可しているのか、確認をする事をおすすめします。






散骨の費用について、その相場とは?


散骨費用

近年の葬儀においては、多用するニーズに答えるべく、葬儀形式が細分化されてきています。
また葬儀だけに留まらず、埋葬のスタイルも色々な方法が増えています。


その中でも、ちょっとした注目を集めているのが「散骨」というスタイルです。


この散骨というのは、いくつか種類があり、それぞれ費用が異なります。


散骨として、一般的に有名なのが海洋散骨という海に遺灰を撒く方法です。
まず散骨に協力してくれる船をチャーターして、沖合に出ます。
所定の場所に着いたら、遺灰を海に撒き、ある方では一緒にお花も海に入れます。
海洋散骨の大体の相場としては約30万円~50万円程で行えます。


次に空葬の場合です。
散骨費用は約30万円程からで、飛行機をチャーターし空から遺骨を撒きます。


その他に宇宙葬という散骨方法があり、ロケットで宇宙へ打ち上げて散骨します。
ロケットで打ち上げる場合、ある容器に遺骨を入れる訳ですが、ある程度の方の分が集まらいと
打ち上げないので、少し時間が掛かる可能性があります。


こちらの相場は約30万円程からで、宇宙葬を行ている会社によっては、月面・深宇宙に遺骨を送ることも行っている様です。
その場合、費用は高くなります。


その他に、バルーンを使って成層圏まで浮上し破裂させて遺骨を撒く方法もあります。


次に、樹木葬や地上で散骨する場合です。
地上で散骨をする場合で、気を付ける部分があります。
法律上問題はないですが、他の方の私有地や、そこの地域の条例などで禁止されている場合があります。
良く確認をしてから行う様にして下さい。


また、散骨する時は遺骨を粉骨する必要がありますので、そちらも気を付けてください。
相場については、約10~80万円程となっています。


お墓を立てるよりかは、はるかに価格は抑えられるかと思います。
故人の供養の為にも、どの散骨が良いか比較してみるのも良いと思います。






散骨にまつわる法律


散骨法律

散骨を行うにあたって、それを取りしまる法律は実は存在せず、違法とも、また合法とも呼べない状態にあります。
いわば個人の良心と信仰心に基づくものとして取り扱われています。


ただし、刑法190条にあたる遺骨遺棄罪や、埋葬やお墓にまつわる墓埋法と言う法律が存在しており
皆さんもご存じの通り、死体や遺骨などを遺棄すると犯罪として認定されてしまいます。


場合によっては3年以下の懲役といった罪に罰せられてしまう可能性が生じてしまいます。


とはいえ、散骨は先程も申しましたように、決して違法ではありません。
宗教上の供養のために遺骨を細かい粉状態に砕くなど、前段階の準備をきちんと踏んでおけば
前述した遺骨遺棄罪には該当しないとされています。


以下はあくまでも非公式ではありますが、1998年における旧厚生省との話し合いにて法務省サイドは

「希望者が節度を以て行う散骨に関しては処罰するに当たらない」という見解を示しました。



現在は、まだ散骨そのものに関する法律はないものの、将来的にはきちんとしたルールを作るべきという立場をとっています。
さて、一方、条例に関してはどうなのでしょうか。


多くの地方自治体が散骨に関する条例を設けています。


北海道では長沼町、七飯町、岩見沢市の三自治体

静岡では御殿場市や伊東市といった四自治体


その他、長野や埼玉、東京都などでも、散骨に関する取り決めが設けられています。
これらの自治体では散骨を事実上禁じている場合もありますから
必ず事前に問い合わせするようにしましょう。