納棺式で入れる物と流れについて

納棺式とは?


納棺式

納棺とは、遺体を棺に納める事を指します。
その際、遺体やその周りにあの世への旅支度で必要な道具を納棺師かご家族で支度する儀式を
納棺式または納棺の儀と呼んでいます。


基本的には、遺体を納棺用の白い衣装に着替えさせ、身支度が済んだ後、棺に納め、その後
故人が愛用していた品々を納めると言った内容が一般的に多い流れなっています。


その他にも、納棺師がエンバーミングという遺体の腐敗を食い止める処置をする事で
きれいな状態で棺に納める事も可能になっています。


このエンバーミングをする事で火葬までの時間が少し長く持てる様になるので
遠方から最後のお別れに来てくれる人を待つ事も可能になってきます。


そんな納棺式ですが、宗教によって多少内容が異なってくるようです。


例えばキリスト教での納棺式では、カトリック系の場合、神父が納棺の言葉を捧げた後
一同が聖歌を斉唱し、親者の手で納棺する流れになっています。


一方、プロテスタント系の場合、牧師に祈りを捧げてもらっている間に近親者の手で遺体を棺に納めるようになっています。


神式の場合は、基本的には、仏教と似ているものの、水、塩、米、酒などを供える習慣があります。
このように宗教によっても、納棺式の内容が異なってきます。


ですので、ご自身が信仰している宗教の葬儀にまつわる知識を知っておくのは、その様な場面になった時に慌てる事なく対処が出来る様になれますので、是非チェックしてみてはいかがでしょうか。






納棺で入れる物と入れてはいけない物


入れて良い副葬品

納棺は、お通夜の前に行われるのが一般的です。
その際に、故人の思い手の品などを一緒に棺の中へ入れたりと故人を偲ぶ方が多いと思いますが
その時に「これは入れても大丈夫かな?」と思う方もいらっしゃると思います。


納棺の際に入れて良い物と入れてはいけない物は何なのか?
前もって知る事が出来れば、納棺の時に入れる物を事前に選別しやすくなると思いますのでご紹介したいと思います。


まず、納棺の時に入れても良い物は基本的に燃えやすいものです。


写真や手紙などは燃えて無くなりますが、生前の方が一緒に写っている写真は縁起が悪いとされています。
同じ写真でも、愛用のゴルフ用品など、納棺出来ないものを写真に撮って入れるのは大丈夫です。
その他には、タバコ・本・乾き物のお菓子・衣服・小さなぬいぐるみなどは入れても問題ありません。


続いて納棺時に入れてはいけない物を紹介します。


炉の中で燃え残る物や炉の破損となる物は入れてはいけません。
燃え残る物として鏡・硬貨・カメラ・メガネ・指輪・腕時計・入れ歯などの金属を使用している物です。


次に炉の破損原因になる物としては、ライター・ゴルフクラブ・ゴルフボール・杖・釣り竿・ペースメーカーなど

破裂の恐れがある、中が空洞で密閉されている物は基本的に入れてはいけません。

ペースメーカーは必ず病院で除去してもらうのを忘れない様にしてください。


他にも、公害や汚染に繋がる、プラスティック製品・発砲スチロール・CD・化学合成繊維の物もあまりおすすめしませんが
入れている方も中にはいるようですので、入れて良いか葬儀会社や火葬場職員に確認してから入れると良いでしょう。


また燃焼の妨げになる、水分の多い食べ物・飲み物、分厚い本・大きなぬいぐるみなども、いけません。


これら紹介したものは基本的な物です。
それ以外にも、入れて良い物やダメ物があるかもしれませんので、火葬場の方や葬儀会社の方へ事前に聞く事をおすすめします。


また、地域の風習によっては納棺時に変わった物を入れる所もあります。


岩手県では、三途の川の渡し賃として、100万円と書いて納棺時に入れるそうです。
山形県では、三途の川で洋服を取られないようにと、ぼろぼろの着物を着せるようですが、最近では着せない人もいるようです。
その他の地域でも変わった物を入れる所はまだあります。


予め知っていただきたいのは、各地域の風習によって葬儀の内容が様々あるという事です。
『正しい葬儀はこれ!』というのは実際ありません。
地方によって、行う風習などは全く違いますし、葬儀の順序も違ってきます。
もし地方で葬儀に参列する、又は行う場合は事前に調べておくのが良いでしょう。






納棺での流れを教えます


納棺の流れ

昔の納棺では、家族や親族などが故人に対して無事に旅立てるようにと、旅支度を行ってきました。
現在では、納棺師という専門の職業があり、映画「おくりびと」でその存在を知った方は多いと思います。


今は衛生上、そういった業者を使い納棺が行われているのが一般的になりましたが
地方によっては、道具一式を葬儀会社に用意してもらって自分たちで納棺する所もあるようです。


基本的な流れとしては、湯灌の儀・旅支度・納棺となります。
納棺式での服装は基本的には普段着で結構です。
派手な服装でなければ問題はありません。


まず納棺式で行われる事がある湯灌の儀とは
故人の身体を洗い清める事で、生前の苦しみなどを洗い清め、生きるという煩悩をなくし
来世への徳を願う儀式とされています。


この湯灌の儀はオプションとされていることが多く、追加料金となるので必ずしも行う儀式とは限らなくなっています。
ですが、江戸時代など大昔では家族や親戚が故人の湯灌を行い、ご遺体を洗い清めいました。


現在の場合は、納棺師が準備した後に、はじめにご家族の方々に故人の足元から胸元までお清めの水をかけていただき
その後は納棺師が丁寧に故人を洗い清めます。


その間、ご遺族並びにご親族の方はその作業が終わるまで待機します。


次に旅支度については
一般的に死に化粧と言われる儀式と死装束を着せる儀式を合わせて旅支度といいます。


死に化粧は、地域にも行い方に違いがありますが、一般的に男性は髭をそります。
女性の場合には薄化粧をします。髪を整えたり爪を切ったりすることもありますが、故人に刃物をあてる行為を良くないとする地域もあるので一概には言えません。


死装束は、以前は白無地の木綿で縫ったものを左前にして着せるのですが、近年ではなくなった方の生前好きだった服などを着せて葬儀会社で用意した経帷子を遺体におおう形ですませるケースも増えています。


最後はお棺に納棺します。
納棺は遺族によって、棺に亡くなった人を納める儀式で、納棺後に死装束を整えてから故人の愛用品などを棺の中に納めます。
棺に納める物は基本的に燃える物で数は少なめにすることが一般的ですが、わからない事は葬儀社の方に聞くと良いです。


本来は遺族が通夜の前までにすませる儀式ですが、現在は専門スタッフの指示に従いながら行うケースが増えています。
特に気を付ける所とすれば故人の愛用品などの副葬品についてです。


日本は火葬の形式です。


火葬の都合上、入れられる物が決まっていますので、副葬品を決める際は十分注意しましょう。