法要の回忌やマナー・引き物を紹介

法要はいくつ回忌があるのか?


法要_回忌

法要とは仏教の葬式の行事です。これは故人が亡くなってからかなりの回数があるため分かりやすくまとめようと思います。
では具体的に何回忌があり、その中で一般的に何回忌まで行い、法要のため僧侶はいつまで呼べばいいのかを
ここでは書こうと思います。


仏教では亡くなってから49日までの間は中陰と呼び、亡くなってから7日ごとに極楽浄土に行けるかどうかの判定が故人にされます。
その為、昔では7日ごとに法要を行っていた訳ですが、現代においては簡略化されています。
亡くなってから49日までの7日ごとの法要は、何の為に行われていたかと言うと、簡単言えば、故人が極楽浄土へと行けるように祈り捧げるための儀式なのです。
この法要を行う際に気をつけることの1つに平日が法要の日に当たってしまった場合
前の週の土日にずらすのが一般的とされていることです。


中陰の期間は49日目で終わり、忌明けとなります。
ここで出てくる言葉の忌明けとは忌中の終了という意味です。
また、一般的な忌明けは七七日忌(49日)ですが地方によっては五七日忌(35日)のところもあるので
そこは自分が依頼する僧侶に聞いてみたほうが良いでしょう。


また、法要は遺族だけで行う場合と僧侶も交え行う場合があります。
1年目の予定としては法要は初七日忌、二七日忌、三七日忌、四七日忌、五七日忌、六七日忌、七七日忌、百箇日忌があります。
その中で僧侶を呼ぶのは葬儀当日に行われることが多い初七日忌と、四十九日とよく言われている七七日忌だけで
他の日は省略されることが多いです。


それから先は一周忌と三回忌のみ僧侶を呼ぶことが多いようです。
また、七回忌から先は法要の規模を小さくするのが一般的です。


そこから先は七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌があります。
三十三回忌で基本は終わりですが、地方によっては五十回忌というものが存在する場合があります。






法要の必要なマナーとは?


法要_マナー

「法要」とは故人の供養の為、お経をあげてもらう事を言います。
お経をあげてもらった後の会食を含めて「法事」と呼ばれています。
ここでは「法要」に必要なマナーを取り上げたいと思います。


【服装】
遺族は三回忌までは喪服着用。
七回忌以降は略式喪服や地味な色合いの服装なら良しとされます。
参列者は初七日から四十九日までは略式喪服を着用。
一周忌以降は略式喪服または地味な服装で参列しましょう。


【香典】
故人に対する供養の気持ちを表します。
お花、線香を持参する場合もありますが、現代では一般的に香典は現金を包みます。
香典袋の表書きの「御霊前」は仏教だけでなく、宗教が分からない場合にも使えます。名前は薄墨で書きましょう。
四十九日以降の法要に持参する香典の表書きは、宗教により違いがありますので、よく確認をしておきましょう。


仏式では「御仏前」神式では「御神前」「御玉串料」「御榊料」キリスト教式では「御花料」等があります。
香典を持参する時には、必ず袱紗(ふくさ)に包んで持って行くのがマナーです。
略式の袱紗も売っているので一枚あると安心です。
紫色の袱紗は慶弔両用に使えます。
もし袱紗を持っていない場合には、暗い色のハンカチに包むと良いでしょう。


訃報の連絡を受けた場合できるだけ参列する事が望ましいですが、やむを得ず参列できない場合には
お悔やみの挨拶と香典か供物を贈ると良いでしょう。
現代は家族葬や密葬等できるだけ小さい法要で済ませたい遺族もいらっしゃるので
連絡のない場合には参列を控えるようにしましょう。






法要で用意する引き物について


法要_引き物

法要を行う際に準備しなければいけない引き物。
この引き物においては、やはり、親戚を法事に招待する場合は、何回忌であっても準備した方が良いかと思います。
一般的に一周忌、三回忌、七回忌までぐらいは、親戚を招待し、法要を行う事が多いようです。


その為、必ず引き物の準備を行う必要があります。
しかし、13回忌、17回忌以降になると、本当の身内のみで行う事も多くなり
そのような場合は、招待する人のメンバーによって、引き物の準備をしなくてもいいかと思います。


例えば、親の法要の場合、その兄弟のみの身内だけで行う場合は、堅苦しい事もなくなり、食事においても
簡単なもので済ます事も多くなってきます。


そのような家族のみの場合は、食事の席を改めて設けず、また、引き物の準備もしなくてもいいかと思います。
ただし、あくまでも、引き物は、お供えして下さった人への気持ちになってきます。


その為、いくら兄弟だからと言って、お供えをしてもらった以上は
気持ちを込めて引き物の準備をした方が良い場合もあります。


そんな、引き物は、一般的に2000円から3000円程度となっており、通販などで購入するほか
カタログギフトも人気になっています。
また、基本的には、食べ物が好まれる場合が多い為、お菓子の詰め合わせやコーヒーの詰合せなどが人気のようです。


引き物をもらう側にとっても、日常的に使用するようなものの方が嬉しい場合が多く
そういった視点で選ぶと良いかと思います。