分骨の証明書とは?その手続きや費用など紹介

分骨には証明書が必要!その理由


分骨証明書

分骨とは、遺骨をいくつかの骨壺に分け、それぞれ別の場所へ納骨することです。
分骨する人には、それぞれの理由があります。


例えば、夫婦のお墓と実家のお墓、どちらにも遺骨を入れたいと考えている方や、一部を散骨したいと考えている方など
全て散骨するのではなく、一部は夫婦のお墓に納め、一部だけを海へ還すという方法をとりたいという場合も、分骨といいます。
また仏教の宗派によっては、その宗派の本山へ一部納骨するというケースもあり、信仰を重んじている方は
それ用に分骨をされます。
そして、分骨する為には証明書が必要になります。


その必要な証明書というのが、「分骨証明書」というものになります。
この分骨証明書を発行してくれる所はどこなのかというと、遺骨が納められている墓所の管理所や管理者から。
また火葬場にもよりますが、分骨証明書を発行してくれる火葬場もあります。


なぜ分骨証明書が必要となるのでしょうか?
その理由というのが、分骨先の墓所管理者へ、「誰の遺骨であるのか」を示すために必要な証明書だからです。


いくら遺族が「これは父の遺骨を分骨したものだから、納骨してほしい」と申し出ても、受け入れ先は誰の遺骨なのか証明する物が無い限り、受け入れを許可することが出来ない為、困ってしまいます。
本当にその遺族の父親の遺骨なのか、証明しなければならないのです。


分骨をしない一般的な納骨の場合は「埋葬許可証」をもって誰の遺骨であるのかを証明できます。
分骨先にも、証明がなされなければなりません。
だからこそ必要なのが、分骨証明書なのです。


分骨をお考えの場合は、分骨証明書を忘れない様に気を付けて下さい。





分骨の手続きの方法について


分骨手続き

火葬場で焼いた遺体を分骨する場合や、一度墓地や霊園に埋葬した遺骨を分骨する場合には
分骨証明書が必要になるとご説明しましたが、ではどのようにして手続きをすればいいのか、ご存じでしょうか?


今回はこの「分骨証明書」の申請方法についてご紹介したいと思います。
火葬場の遺骨を分骨する場合は火葬場から分骨証明書が発行されます。
また既に埋葬されている墓から遺骨を取り出して分骨する場合には、墓地の管理者が分骨証明書を発行することになります。
また遺骨を全て丸ごと他の墓地へ移動させる時は分骨証明書ではなく、埋蔵証明書や収蔵証明書が必要となるので注意が必要です。


分骨証明書の申請には、各市町村の墓地管理所や管理者、また火葬場などで既定の申請書があり、その申請書に故人の本籍や氏名、死亡年月日それに分骨先や分骨の理由などを記入する必要があります。

また申請を願い出る人は、運転免許証などの身分証明書と認め印を自分で用意する必要があります。
依頼主が忙しく申請が難しい場合は代理人を立てて分骨証明書の取得を願い出ることも可能です。
書類を準備できたら、火葬場での分骨証明書は火葬場の管理者へ、墓地や納骨堂での分骨証明書は管理人に渡して
後は発行を待つだけになります。


分骨証明書の発行にかかる費用は地域によって異なりますが基本的に安く
数百円となってるところがほとんどです。


分骨証明書を亡くした場合、火葬場によっては再発行を拒否するところもあります。
このような場合には弁護士等に相談し、書類を発行してもらう手間がかかってしまいます。
分骨証明書は金庫など、きちんとした所に保管しておくことが大切です。






分骨にかかる費用はいくらか?


分骨費用

分骨を考えている方は少なからず、いらっしゃる事と思いますが、どんなケースで、何にどのくらいの費用がかかるのか?
不明な部分が多くあると思います。


そんな方へ、分骨にかかる費用の相場についてご紹介しましょう。


まずは、夫婦のお墓に遺骨を入れているが、実家のお墓にも分骨したいといった場合はどのぐらい費用が掛かるのか?
この時、分骨用の骨壺の用意と、墓地の遺骨収容場所(カロートと呼ばれます)を開く作業が必要です。

分骨用の骨壺は10,000円程度からあり、カロートを開ける作業は石材店によって異なりますが
おおよそ3万円前後です。
ただ、近年のお墓はカロートを簡単に開けられるものも出てきているため、その場合は立ち会い料金だけで済む場合もあります。


夫婦のお墓と実家のお墓、どちらのカロートも開けることを考えれば、約6万円前後の作業料金がかかります。
さらに、夫婦用のお墓を全く新しく建てた場合は、そのお墓に魂を入れる必要があり、開眼供養という儀式が必要になります。
また、同時に納骨もする場合は、納骨法要も行う必要があります。


この開眼供養の場合の布施は、そのお寺によって異なりますが、およそ5万円程度とみていてよいでしょう。
ただし、どのぐらい掛かるのかは、一度僧侶に聞く事をおすすめします。
夫婦のお墓が元々持っている場合で、分骨に掛かる費用は最大でも、およそ12万円ほどになると思われます。


次に考えられるケースは、散骨を想定した分骨です。
2つに大きく分れます。


まず1つ目は、既にお墓への納骨を済ませており、年月がたった頃に分骨して、そのお骨を海や山など散骨するケースです。
カロートを業者に開けてもらい、新しく用意した骨壺へいったん分骨するまでは先のケースと同じですが
このあと業者に散骨を依頼しなければなりません。


2つ目は、葬儀のを行い、火葬場にて分骨する場合です。
この場合は、納骨する前に予め分骨をしますので、余分な費用を抑えられます。
散骨をすでに想定している場合は、この方法が良いでしょう。


散骨自体の相場は、委託散骨で約5万円、自分も立ち会う数家族の合同散骨で約10万円程度です。
船一台をひと家族だけでチャーターし、儀式的に行うと25万円以上にもなる可能性があります。
以上、散骨を想定した分骨ということで考えると、約9万円から最高で30万円ほどとなります。


最後に、信仰している宗派の本山への分骨を考えてみましょう。
仏教のある宗派には、その宗派の本山に遺骨を分骨する宗派があり、その宗派を代々信仰している方で
信仰を重んじている場合は、その本山へ分骨される方が実際にいらっしゃいます。


その時に考えられる分骨の費用を挙げていきます。
まず、分骨用の骨壺が必要になります。
骨壺と聞くと腕で抱えるような、大きい物を想像するかもしれませんが、分骨用の骨壺は手のひらに乗るぐらいの
比較的小さい物からあり、価格は約2000円程から売られています。


分骨用にお骨を入れたら、本山へ持って行き、収容してもらうことになりますが、このとき「護持費」という
名称のお布施が必要
になります。


お布施なので、どのくらい包むかはその人次第ですが、例として浄土真宗の大谷本廟へ祖壇納骨した場合、護持費は3万円以上と定められています。
よって本山納骨の場合、分骨相場はおよそ7万円程度からです。
また、本山への分骨には直接持ち込むため、本山までの交通費を計算に入れ忘れない様にしておきましょう。






分骨の方法とは?


分骨方法

分骨を希望される方は様々な事情があると思います。
生前に故人が散骨を希望され、一部を散骨する為に分骨をされる方や、実家が遠くお墓参りするのに大変な為
近くに用意したお墓に分骨するなど、人それぞれです。


以前にもご紹介しましたが、分骨には大きくわけて2つの方法があります。


1つ目の方法が火葬場での分骨です。
この方法では、その場で各自が遺骨を分けて持ち帰ることになります。
分骨を依頼する人は火葬場にこの分骨用の骨壷を持参します。


骨壷に遺骨が収まりきらない場合は、粉骨を依頼することも可能です。
故人が生前に散骨を希望していた場合などにも粉骨すること必要になります。


2つの分骨方法は、既にお墓に埋葬してある遺骨を掘り起こして分配する方法です。
この方法をとる場合、まずは石材店の協力を得る必要があります。
石材店の業者にお墓の石を移動してもらうようお願いし、墓下に埋まっている遺骨の一部をその場で引き取る形になります。


これらの2つの分骨方法が主流ですが、遠方にある墓地まで埋葬するのが困難な場合などで
一部の遺骨を自宅へを持ち帰るケースもあります。


また、最近では故人の形見として、遺骨を加工してアクセサリーにして身に付ける人もいます。
こういった場合には、火葬場で分骨する時に遺骨を粉砕して粉状にする粉骨が行われます。


経済的な事情やお墓参りに行く時間がなかなか取れないといった諸事情から、最近は墓地に遺骨を埋葬せずに
自宅管理する人や遺骨を加工して装飾品にする人が増えてきています。


近年では、お墓はいらないとする方も出て来ており、個々で価値観が変わってきています。
お骨をどうするかも、ライフスタイルによって変化しています。


今後、どのように遺骨を管理するかは、一度考えてみるのもと良いと思います。