遺産の相続に関する手続きや期限・費用など紹介

遺産相続に必要な手続きと期限とは?


遺産相続 手続き

相続人は法律によって決まっており、これを「法定相続人」と言います。
亡くなった人の配偶者は常に相続人となります。


相続人にも順位があり、第一は被相続人の子どもで、子どもがいなければ被相続人の父母または祖父母になり
それに該当する人がいなければ、被相続人の兄弟姉妹となります。


被相続人の遺産を分割する割合も法律で決められていて、これを「法定相続割合」と言います。
法定相続人が誰かによって違い、配偶者は2分の1ずつ、配偶者と父母の場合は配偶者が3分の2
配偶者と兄弟姉妹なら配偶者が4分の3となっています。
同順位の相続人は、人数で均等に分けます。


被相続人が遺言書を残していたら、そこに書かれた分割割合が優先されます。
また、「遺産分割協議」を行って、相続人全員が合意すれば遺言書や法定相続割合と異なる分け方をしてもかまいません。


相続財産には借金などマイナスの財産も含まれます。
被相続人が亡くなって、相続人が何の手続きもしなければ
プラスの財産もマイナスの財産も相続する「単純承認」をしたとみなされます。


マイナスの財産の方が多い場合は「相続放棄」をすればプラス、マイナスの財産共に受け取らずにすみます。
プラスとマイナスの財産のどちらが多いかわからない場合は
マイナスの財産をプラスの範囲で相続する「限定承認」も選択できます。


どちらも相続の開始を知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所で手続きをします。
相続放棄は一人の相続人が単独でも行えますが、限定承認は相続人全員で手続きする必要があります。


相続税の申告と納税の期限は被相続人がなくなってから10ヶ月以内です。相続は現金一括払いが原則。
人が亡くなると葬儀やさまざまな手続きで忙殺されあっという間に月日が経ってしまいます。


生前からの準備がなければ相続税の申告から納税をスムーズに終らせるのは難しいと言えるでしょう。
ただし、遺産額より基礎控除額が大きい場合は相続税は発生せず、申告は不要となります。






遺産相続の手続きや掛かる費用について


遺産相続 費用

遺産相続は、一般的に故人が亡くなる事で自動的に発生するものです。
遺産相続と言うと、よくお金持ちの人たちだけの問題のようなイメージがあります
実際には財産の高低には関わらず、またもらって得になるような財産ばかりが入手できるというわけではなく
借金や未払い請求などの負の財産をも背負うという事になります。


遺産相続にかかる費用において、注視すべきポイントはいくつかありますが、そのうち大きなものが「相続税」です。
平成27年度の法改正以降は、控除額上限が3000万円に変更となった事に加え600万円×相続人数となりました。


例えば法定相続人が2人いる場合、控除額は4200万円です。
その場合、算定した相続税が4200万円以上であった場合、課税対象となるので、この相続税を払わなければなりません。


この他にも、遺産相続には様々な費用がかかります。
故人が所有していた預金の名義変更、不動産の登記書き換えなどをはじめ
自治体の役所で申請しなければいけない手続きにはその都度お金がかかります。


普段の生活でも戸籍謄本や住民票などの書類を発行するのには数百円~のお金がかかりますが
これが何十件か重なることになります。


これらの実費数万円ほどにあわせて、不動産を相続する場合にその登録免許税を払うと考えておきましょう。


こういった遺産相続は、相続人間の争いがあってもなくても、非常に難解で時間がかかる、しかも期限付きの大変な作業です。
自分の手に余るという方には、弁護士や税理士などに各手続きの代行をお願いすることもできます。
この際には、手続きに応じて数万円から数十万円の手数料を支払うことになります。
一括してまとめて代行してくれるサービスもあるので、まずは相談してみましょう。






遺産相続の手続きで用意する書類とは?


遺産相続 書類

遺産相続する時に必要な書類は何なのか、その事を知っておかないと、いざ遺産相続をする時に困ってしまいます。
いったいどのような書類がいるのか、まとめてみましたので参考としてご覧いただければと思います。


【一般的に必要とされている書類】

・戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本、住民票、戸籍の附票

・印鑑証明書

・不動産登記簿謄本

・固定資産評価証明書

・金融資産の残高証明書

・遺産分割協議書

・遺言書の検認済み証明書、家庭裁判所の審判書

他にも色々とありますが、上記のものが必要な書類とされています。


ご覧の通り、様々な種類の書類があり、全てを用意するのは容易ではありません。
その他にも、故人が予め用意しておいた方がいい書類もあります。


例えば、銀行の口座などは、血が繋がっている家族であっても、本人以外が勝手に開けることは非常に難しいです。
必ず所有者本人の委託書が必要となるので注意しましょう。


遺産相続には多くの書類を用意しないといけませんが、その中で1番早く用意しておいた方がいいものが
「戸籍謄本」です。
理由としては、銀行などで相続手続きをする場所に、必ず提出しなければならないのが戸籍謄本だからです。
戸籍謄本には、亡くなった方の出生から死亡日まで分かるので、証明書類として必要となります。


続いて、必要書類の中で最も重要な書類が「印鑑証明書」です。
遺産相続の手続きですが、相続する人の実印と印鑑証明書を使用して全て行います。
つまり、亡くなった方の印鑑は無効になり、通帳の印鑑も使えなくなります。
そのため、印鑑証明書が必要となってくるのです。


遺産相続は多くの書類がいります。
慌てないように、事前に知識として憶えとくといいかもしれません。