納骨に関する費用や“いつ行うのか”など紹介

納骨にかかる費用を紹介


納骨費用

葬儀の後は、一家のお墓に納骨するのが一般的な流れです。
その納骨の費用ですが、お墓をお持ちの方とそうでない方で分かれます。


お墓をお持ちの方で、尚且つ菩提寺もいらっしゃる場合の納骨では
納骨の際にご住職にお経を唱えてもらう必要があります。
そのため、お布施が必要になります。


お布施として包む金額は、大体3万円~5万円位が相場と言われていますが、お寺によって金額が異なりますので、予めどのぐらいなのか確認をおすすめします。


納骨をご遺族の方が自ら行えば、菩提寺にお渡しするお布施だけになりますが、石材店など業者に依頼すると
納骨作業費用が1万円~2万円位の相場の料金がかかります。


また、それ以外にも墓誌に戒名を掘らなければいけませんので、その墓誌戒名彫り料も発生します。
こちらも、大体1万円~2万円が相場となっています。


以上がお墓をお持ちの方の場合です。


お墓をお持ちでない方は、別の方法があります。

それは納骨堂に収めるという方法です。


お寺の納骨堂の場合だと、大体10万円位からあります。
大体のところでは、僧侶が供養をしてくれますので、仮に家系が途絶えたとしても、安心できるのがメリットです。


1番安いのは公営の墓地の納骨堂です。
綺麗に手入れされており、安心して納骨できます。
費用は数千円~になる所もあります。


どういう形が良いのか、生前中に検討してみるのをおすすめします。





納骨は、いつ行った方が良いのか?


納骨時期

葬儀が滞りなく終り、後に残るやるべきことはお墓などに納骨する事です。
ですが、この納骨は一体いつ行うのが良いのか、不明な方もいると思います。


地域や宗教によって、その日程は少し異なりますが
もっとも一般的な仏教では、忌明けの法要、つまり四十九日の法要が済んだ日に行うパターンが多いと言われています。


次に神道の場合では、五十日霊祭の日に行い、キリスト教のプロテンスタントの場合では昇天記念日に、カトリックの場合は追悼ミサを行う日に納骨するのが一般的と言われています。


一方、「まだお墓を建てていない方」「地域の慣習」によって異なる場合もあります。
お墓を建てていない方が亡くなった場合、お墓を建ててから納骨を行うことになります。


お墓は建つまでに2,3か月ほどかかるものなので、その場合は改めて集まることのできる初盆や、
一周忌などの節目に当たる日
に納骨を行うパターンが多く見受けられます。


また、故人の希望で散骨や、納骨堂に遺骨を納める永代供養を行うことも珍しくありません。
故人から生前に希望があった場合は、お寺の住職さんなどに相談して納骨日を調整してもよいでしょう。


さらに、地域によっては「始終苦が身につく」として3月の納骨を避ける、百箇日の法要に納骨するなどの慣習があるようです。
故人のためにもより良い納骨ができるように日程を考えていきましょう。





納骨堂とは?変化してきた納骨スタイル


納骨スタイル

昔から一般的に行われてきた納骨とは、四十九日の法要の際や、又は葬儀当日に一家のお墓へ納骨されていたのが主でした。
ですが、この納骨の方法が近年移り変わりつつあるのです。


これまでは、代々伝わるお墓へ納骨をし、供養すると言うのが一般的でしたが
代々伝わるお墓に家系全員納めていくという形式の場合、住んでいる場所によって分散させることが出来ないため
遠方に住んでいる方でも、お墓参りにわざわざ足を運ばなければならなりません。
お墓が遠いためにお墓参りに行けないと言う方もいるでしょう。


分家として、住んでいる場所の近くにお墓を購入してもいいのですが、新しいお墓を用意する際
高額な費用がかかってしまいます。
維持費はそれほどかからないものの、最初にまとまったお金を用意しなければならないため、躊躇する方が多いようです。


もし継承が途絶えてしまった場合、そのお墓の手入れや供養をしてもらうことが

出来ないまま放置されてしまいます。



この様なお墓のデメリット部分が目立ってきたため、近年では「納骨堂」に納骨するという方が増えてきました。


納骨堂とは、お骨を収める建物のことを言い、大きく分けて2つの形式に分かれています。
1つは、仏壇形式やロッカー形式のものなど種類がありますが、それぞれの家系でお骨を収められる個別のタイプです。


キレイな状態で納めておくことが出来ますし、形式によっては維持費が掛かるものもありますが
墓地や墓石を購入するよりかは費用が抑えられ、代々に渡って利用出来きるという事で、人気が集まっています。


2つ目は、お骨を1つにまとめて収めるタイプです。
これは、合葬式というもので、永代供養塔というのがあり、その中は棚があります。
安置方法が2つに分かれ、骨壺を収めるタイプと他の方のお骨と一まとめにする合祀形式とに分かれます。
合祀形式の場合、後からお骨を引き取る事が出来ませんが、種類の中では一番費用が抑えられるタイプです。


最近では自分が亡くなる前に、自分で納骨堂を購入しておくという方も増加傾向にあります。
日本での納骨堂は、寺院、公営、民営の3種類が存在しますが、一番一般的なのは、寺院が運営している納骨堂です。
お寺の住職がしっかりと供養し見守っていてくれるため、安心です。


公営とは自治体が運営している納骨堂ですが、都道府県や市町村など運営する自治体が提示する条件を満たさないと
利用することが出来ませんし、たいていは仏教の方が利用出来るようになっているため
宗教や宗派を選ぶという点は残念です。
但し、公営ですので、寺院や民営の納骨堂の様に将来的にどうなるかわからないと言う不安がない点は嬉しいです。


民営は宗教法人や財団法人などの法人が運営する納骨堂で、宗教や宗派を選ばないため
比較的誰でも利用しやすい
ののが特徴です。
ですが、倒産等の危険性があるため、永年供養と考えた時に不安を覚えてしまうかもしれません。


昔の様に本家があり、代々受け継いでいくというしきたりが薄れつつある近年、この様な納骨堂による納骨システムは
さらに進んでいくのではないでしょうか。






納骨をやるのに必要な準備とは?


納骨準備

納骨を行う上で、必要になってくる準備はなにか、分からないことがあると思いますので
ここでご紹介したいと思います。


まず、お墓をお持ち場合は、そのお墓を開ける必要があります。
その為、お墓を作る際にお願いした石材店に予め連絡をして、納骨の日取りをします。
また、菩提寺がいる場合は同時期にご住職にも納骨の日取りを行います。


そして、戒名を掘る必要もありますので、合わせて石材店に依頼しましょう。


納骨の日程が決まれば、今度は現場で必要になるものの準備です。


特に地域の風習は無く、公営の墓地でお持ちのお墓も小さい場合に用意する物は
まず、束になっている供花を1対お線香、お供え物が必要であればお供え物も用意しましょう。


上記は、あくまでも何の風習もない場合の最低限用意する物です。


これが田舎の場合だと、お墓のサイズは大きくなり、お墓の後ろには
塔婆を立てるスペースが設けられています。


また、その地域の風習も加わりますので、用意する物は増えます。


例えば、野辺送りという儀式があり、ご住職・遺族・親族・部落の方が列をなして、墳墓の地に故人の遺骨を運ぶ儀式があります。
その儀式には、必要な道具があり、列の各役割を任されている人にその道具を持ってもらい、墓地まで歩くのです。


それらの道具は部落の人が用意してくれる場合もありますので、事前に確認が必要です。


昔から田舎の葬儀には、その部落のとの関わり合いが密にあり、埋葬に必要な道具を葬儀を行っている間に作ってくれたり
葬儀の受付を手伝ってくれたりと、様々な協力をしてくれます。
その為、特に田舎の葬儀においては、部落への連絡が必要になる場合があります。


また葬儀・告別式が終わり、その日に埋葬という場合が田舎では良くあります。


地域によって異なりますが、その時、墓地には向かわず、一旦自宅に向かい
自宅の庭で、とある儀式を行ってから墓地に向うなど、その様な風習が存在する地域もあるので
地方の方で結婚された場合は、葬儀にまつわる風習など事前に確認しておくことをおすすめします。