樹木葬に掛かる費用やデメリット・メリットとは?

樹木葬の費用の相場はいくら?


樹木葬費用

樹木葬を行う人の場合、継続者のいない人やいたとしても、子供たちにお墓の面倒を押しつけたくないと
思うような人が多く利用しているようです。


樹木葬の場合、基本的には、継続者なしで、永久供養を行ってもらう事が可能です。
そう言った点においても、あえて、樹木葬を選ぶ人が多いようです。


そんな、樹木葬の相場としては、永久供養を行ってもらう事ができると言う事で
一見、高そうなイメージを持つ人もいるかも知れませんが、実際の所、一からお墓を準備する事に比べれば
随分、安いところが多くあります。


お墓を準備する相場が300万円前後に対し、樹木葬の相場は、50万円前後が多く
その額の差は、とても、大きなものになっています。


そんな、樹木葬を行う為には、どの場所でも可能と言う事ではありません。
樹木葬を行っている場所のみ可能となっており、必ず、その指定された場所で行う必要があります。
樹木葬の場合、生前予約を行う人も多く、元気なうちに自分が眠る場所を決めておく事も可能になっています。


実際、直接足を運ぶ事が難しい場所でも、ネットで写真を見て確認する事ができるほか
パンフレットなどを取り寄せる事もでき、様々な場所を検討する事もできるようになっています。


特に必要なものはなく、火葬後、埋葬の日が決まれば、その旨を伝え、埋葬を行う流れになります。
その際、一般的なお墓と一緒で、埋葬許可証は必要になる為、忘れずに持参するようにしましょう。






樹木葬が出来る墓地を紹介


樹木葬墓地

環境にも配慮している新しい埋葬スタイルとして、ちょっとした注目を集めいている「樹木葬」ですが
様々な利点があります。


まずは、費用が比較的安いという事。
一般的な墓石のお墓ですと、数百万円が必要ですが、それに対して樹木葬の場合では数十万円で収まるのがほとんどです。


では、どこでその樹木葬ができるのか?
樹木となると山とか地方の方にしか、やっている所はないんじゃないか?
と思う人がいるのではないかと思いますが、そんな事はありません。
例えば東京都でも樹木葬を行っている霊園などあります。


都市から近い、樹木葬を行っている墓地や霊園などを5つ紹介したいと思います。


1)NPO法人エンディングセンター

所在地:東京都町田市
墓所 :町田いずみ浄苑
URL  :http://www.endingcenter.com/

サクラの木をシンボルツリーとした樹木葬が特徴。
宗教に制限はなく、申し込めます。

遺骨に関しては、土に還す形式になっており
故人が自然の一部となります。

また、ご家族の管理を必要としていませんので
利用がしやすくなっています。

この霊園では、桜が咲く時期に合同でのメモリアル
イベントを開催しているようです。




2)都立小平霊園

所在地:東京都東村山市
URL  :https://www.tokyo-park.or.jp/reien/park/index078.html

東京都内でも有数の広さを誇る霊園になっています。
都営なので、末永く安心して利用できます。

使用料が安く、1体134,000円となっています。
更に、遺骨を粉骨状態にすれば、料金が44,000円と
更に安くなります。

立地も西武新宿線の小平駅から、約徒歩10分にある為
電車でのアクセスが非常に良いです。

埋葬形式は個別ではなく合祀で埋葬されます。



3)花小金井ふれあいパーク

所在地:東京都小平市
URL  :http://www.iseya.co.jp/diana/index.html

こちらは民間が運営している霊園になります。
その特徴は、なんといっても霊園とは思えない
バラや様々な花が所狭しと咲いている風景です。

まるで公園の様な雰囲気は、いわゆる墓地という
地味で不気味な感覚とは全く異なります。

使用料については、約60万円からとなっています。

他の霊園では、緑が生い茂る感じがほとんどですが
ここは色とりどりの花が咲いており、花の香が
何とも言えない珍しい霊園と言えます。



4)横浜市営墓地メモリアルグリーン

所在地:神奈川県横浜市
URL  :http://www.memorialgreen.jp/

日本初の公営樹木葬を始めた霊園として有名
また、以前は横浜ドリームランドという
遊園地があったとしても有名です。

使用料は1体20万円になっています。
こちらも広大な広さを持ち、印象はきれいな
公園のように見えます。



5)北摂池田メモリアルパーク

所在地:大阪府池田市
URL  :http://www.yasiro.jp/

民間の霊園ですが、永代供養のシステムを
取り入れるなど、盛んな取り組みが目を引きます。

元々は石材店として始まったそうですが
規模を拡大し霊園も行う様になったようです。

さらには、終活に関してもサポートするなど
他の霊園ではあまりやっていない様な活動も
している様です。

こちらで行っている樹木葬では1人用と2人用が
あり、使用量は1人用が50万円、2人用が90万円
になっています。




その他にも、樹木葬を行っている霊園は、まだ沢山あります。
お近くに樹木葬を行ている霊園などないか、探してみても良いと思います。





樹木葬のデメリットとは?


樹木葬デメリット

新しい供養の形として注目を集めている樹木葬。
青々とした緑に囲まれて清々しい場所で永眠できるのは確かに素晴らしいですが、どうやらメリットばかりではないようです。


樹木葬にもそれぞれの霊園で考え方や理念が違うので自分の望むスタイルの霊園を見つけるのが難しいようです。
樹木を埋葬できる間隔をあけて植えるなら、広い土地が必要になるので都市圏ではなかなか見つからないでしょう。
そうすると地方になる可能性が高くなります。


地方にお墓があると残された家族はお墓参り行くのに、時間や費用の面でかなり負担を負うことにもなります。
核家族化が進み、家族の絆が薄れてきたとはいえ、やはりお墓参りは日本の古くからの習慣です。
残された家族にあまり負担がかからないようにしたいものです。


また、個別に管理しないタイプの樹木葬では、何かの事情で遺骨を取り出そうと思ってもできないこともあります。
個別で管理するタイプであっても、パウダー状にして散骨される場合もあるのでこちらも遺骨を取り出すことはできません。


今後、お墓を引越しする可能性は無きにしも非ずですので、そういったことも踏まえて
慎重に良く考える事が重要です。


また、こういった事は家族だけとは限らず、親戚の方にも影響を及ぼす事ですので
親戚の方も踏まえて、話合われる事も必要な事ですので、そちらも忘れず行う様にして下さい。


メリットも多い樹木葬ですが、デメリットも少なからずあるようです。
それでも樹木葬を選ぶなら家族や親族とよく話し合って決めるのが良いでしょう。






樹木葬のメリットとは?


樹木葬メリット

樹木葬のメリットは大きく3つあります。
1つは、後継者(継承者)が不要であること。一般的なお墓は「家」を前提にして、その子孫たちが代々継承していくものです。
墓石に「先祖代々之墓」と刻まれているものをご覧になったことがあるかもしれません。


樹木葬は、個人墓が主で宗旨や宗派を問わない場合も多く、墓地の継承が不要です。
独身世帯の増加や核家族化といった時代のニーズにも合致した埋葬方法といえます。


2つ目は費用の面です。
通常の墓石を建てる場合、地域によって差がありますが、かかる費用は100万円から
土地代もあわせるとおおよそ200~300万円程度を要します。


樹木葬の場合は、30~70万円と相場がかなり安くなります。永代供養ですし、年間管理料が必要ないケースもあります。
埋葬や供養の費用をかけたくない、子どもや孫たちに負担をかけたくないという場合でも安心でしょう。


最後に、「死後は自然に還りたい」というねがいをかなえられる点です。
樹木葬は、散骨などのような自然葬の1種と考えることができます。


特に、自然に溶け込むタイプの「里山型樹木葬」では里山の保全も目的にしていますので
自然との一体感が強く感じられる埋葬方法です。植える木の種類は周囲の植生にあったものを選ぶことになります。


「死後1本の木を植えて環境保護に貢献できる」ことも支持されている理由のひとつでしょう。
都市部で樹木葬を行いたい場合は、「都市型樹木葬」に対応できる霊園を探せば実現できます。


埋葬方法も、1人1本、一区画で1本、合祀タイプと様々ですので、どのようなタイプがよいか
一度考えてみられるとよいかもしれません。






樹木葬で避けたいトラブル


樹木葬トラブル

近年の少子高齢化や非婚化から、従来通りに墓を代々引き継ぎ守っていく埋葬スタイルは難しくなってきています。
樹木葬はそのような時代のニーズに合わせ、埋葬方法の選択肢のひとつとして生まれました。


樹木葬も従来と同じく区画とその後の管理費を支払っていくのですが
継承する方がいなくても良いというところが墓石を立てるお墓とは異なります。


通常の墓石を立てるお墓はそれ自体も高価ですので、比べるとかかる費用も安くすみます。
お墓を引き継ぐ人がいなくなったとしても木々の世話や供養は管理者が永代で行ってくれるので安心ですね。


では、考えられるトラブルはないのでしょうか?


樹木葬は1999年に初めて出てきた埋葬方法です。
まだ一般的に広く知られているわけではありません。
親族に保守的な方がいらっしゃる場合は、親族間でのトラブルに発展する可能性があります。


こういった新しい埋葬方法を選択するのは遺された人ではなく、埋葬される本人が終活として選択している場合が多いものです。
樹木葬にしたいとの考えがあれば遺書に書き留めておくのは勿論
生前から話題にして周りに納得しておいてもらうのも良いでしょう。


また樹木葬にも色々な形があり、お骨を袋に入れて納める方法、砕いて散骨する方法、骨壺に入れて納める方法とあります。
骨壺に入れる意外の方法は後々遺骨を取り出すことは難しく、埋葬方法を変える場合にやはり遺族間で
トラブルになる可能性も秘めています。


そして樹木葬を行っている場所は里山が多いのですが、自然に還れる樹木葬は
近くに農地を有する農家の方にとっては風評被害や心情的な面で負担になっている可能性もあります。


地域住民とトラブルになってしまうような悲しい事態を避けるために
墓所を選ぶ際には出来るだけ周辺や設立の経緯の情報を集めて、選択するようにしましょう。