仏壇の価格・相場・礼儀など紹介

仏壇の価格や相場とは?


仏壇 相場

家族が亡くなり、無事に葬儀が終わってから考える事の一つに仏壇の用意があります。
初めから、代々受け継がれた仏壇があるようでしたら、引き続きその仏壇を使用しますが


元々仏壇をお持ちでない場合は、あらためて仏壇を購入しなければなりません。
では仏壇の値段はいくら程するのでしょうか?
その相場はピンからキリまであります。


安い仏壇だと、最近では通販で数万円から購入できますが、高い物だと200~300万円と高くなってきます。
より高額な仏壇では、700万円~800万円という驚く程のレベルまであります。
また、通販の場合だと現物確認が出来ないので、実際のサイズ感や品質などは分かりません。


一般的に多く買われている仏壇の値段としては、大体30万円~60万円の価格帯が多く買われているようです。

また、仏壇自体が高価な品物ですので、多くのお客様は値引き交渉をしています。


値引きされる額は、販売店により異なりますが、大体15万円~20万前後が多いようです。
また、販売している仏壇の中には、宗派に合わせた仏具一式を展示しているお店もあり
それらをセットにしているところもあります。


仏具に関してはコチラの記事をご覧ください。
        ↓
【仏壇の価格・相場・宗派による違い・礼儀など紹介】

なぜ仏壇が高額なのかと言うと、そのほとんどは使用している素材や装飾彫り、金箔や漆(うるし)など
伝統工芸が大きく占めています。


高価な木材で代表なのが、黒檀(コクタン)や紫檀(シタン)鉄刀木(タガヤサン)の3つです。
上記で挙げた木材は「三大唐木(さんだいからき)」とも呼ばれ、木材の中でも特に貴重で高価な物となっています。


仏壇に、なぜ高価な木材を使用するのかと言うと、1つは木目や色などの美しさが理由になります。
やはり神聖な物ですので、美しさは必要な要素となります。
また浄土真宗では、木材だけではなく、金箔や漆が施された金仏壇を使用し、その華やかさは仏壇の中でもトップクラスです。


もう1つの理由としは、木材の中でも高い耐久性を持っている事です。
基本的に仏壇は長きに渡り、代々引き継がれていく物です。
その為には、それ相応の耐久性がなければなりません。


この2つの要素が仏壇には必要な為、高価な木材が使用されている訳です。


現代では核家族が進んでいることもあり、仏壇に対する捉え方も変化し、必ずしも立派な仏壇でなくても良い
という意識になっているようです。


さらに都心などの住宅やマンションなど、生活空間が限られてきた中で、大きなスペースを取る仏壇は
置く場所に困るなどもあり、また現代のインテリアにマッチしない事も要因しているようです。


どの程度の仏壇を用意すべきは、予算・祀るスペースを考慮して、選ぶのが今では基本となっています。


また、地域や宗派によって、仏壇に対する考え方も異なりますので
予め、ご自身の宗派、または菩提寺があるようでしたらご住職に伺い、どのようにしたら良いか聞く事もおすすめします。






仏壇を廃棄したい!その為に必要な事って?


仏壇 廃棄

近年、仏壇を置いている家庭は年々少なくなって来ました。
家のスペースや継承者がいない等の理由から持っている仏壇を廃棄したいと思う方も少なくありません。


ただ、どのようにして廃棄すればいいのか?なにか作法があるのではないか?
と分からない方は多いと思います。
そこで、仏壇を廃棄する手順についてご紹介します。


まず、廃棄するにあたり、必要な儀式があります。

それが閉眼法要です。


仏壇を買った際に開眼法要をしている場合は閉眼法要が必要となります。
開眼法要は故人の魂を呼び覚まし仏壇に納める儀式です。


閉眼法要はその逆で故人の魂を仏壇から抜く儀式であり、この儀式を終えると仏壇はただの木の入れ物となります。
閉眼法要は、開眼法要や葬式でお世話になったお寺に相談すると良いでしょう。


この儀式を行わずに処分すると故人の魂も一緒に処分することになりますので要注意です。
また、閉眼法要を行う場合はお布施が必要になりますので、そのご用意も忘れないようにしてください。


次に仏壇の引き取り先を探します。
仏壇はお世話になっている菩提寺・仏具店に引き取ってもらえる他、粗大ごみとして処分することもできます。
費用は仏具店で2万円~8万円、粗大ごみで500円~2000円、菩提寺はそのお寺によって異なります。


少し手間はかかりますが仏壇を解体し家庭ごみで出せるサイズにすれば、無料で処分することもできます。


次に、仏壇を処分するにあたり、中を空にしましょう。
仏壇には遺影やお線香の他、引き出しにも物を入れていることが少なくありません。
故人の愛用品や家系図など非常に重要な物を保管している場合もありますので入念にチェックしてください。


また、仏壇のタイプによっては隠し引き出しがありますので確認しましょう。


最後に、仏壇を廃棄する時はその家に住む家族だけでなく親族にも相談してからにしましょう。
いくら閉眼法要をしたと言っても、その仏壇を故人の象徴として大事に想う方もいらっしゃいます。
トラブルにならないようにきちんと相談することをおすすめします。






仏壇の魂入れとは? その際のお布施はいくら?


仏壇 魂入れ

新しく仏壇を購入した時は「魂入れ」をしなくてはなりません。
「魂入れ」ってどんな意味があるの?お布施はいくら位?そんな疑問にお答えします。


「魂入れ」とは、仏壇にある御本尊(ごほんぞん:仏壇の真ん中に置いておる仏像)と位牌に故人の魂を納める儀式のことです。
魂入れの他に「開眼法要・お性根入れ」とも呼ばれています。


魂入れをするまでは仏壇はただの木の箱であり、魂入れをして初めて霊験のあるもととなります。
儀式は四十九日の法要と一緒に行われるのが一般的で、お仏壇のある自宅に僧侶をお招きし執り行います。


儀式の内容は、僧侶による読経→参列者による焼香→会食・お菓子での接待です。


お布施は3~10万円が相場で地域や宗派によって異なります。
年忌法要と同額程度が目安となります。
ここで注意したいポイントはお布施を包む奉書紙(ほうしょがみ)です。


魂入れはお祝い事ですので、水引をする場合は紅白の結び切りにします。
表書きは「御入魂御礼・御礼・御布施」とします。


ちなみに奉書紙とは、半紙でお金を包んだ中包みを包む上包みのことです。
ツルツルした面を表、ザラザラした面を裏として使用します。


魂入れのために僧侶がタクシーや御自身の自家用車を使って自宅まで来てくれた際には
その交通費として5000円~1万円を御車料として用意します。


また、僧侶が会食を欠席した場合は、本来僧侶への接待の意味合いもあっての会食なので
御膳料として1万円程を用意します。
それぞれの表書きは「御車料」「御膳料」です。


仏壇を購入された際の参考にしていただければと思いますが
細かな部分で異なる事もありますので、菩提寺や親戚、ご近所に伺う事もおすすめします。






仏壇の正しい礼儀作法って?大人として知るべき事


仏壇 作法

仏壇が昔から家にある方は、ある程度ご存じと思いますが
仏壇に対しての作法が実はあります。


毎日のお供えや仏壇に対しての行いなど、昔から仏壇と共に生活してきた方は
当たり前のようにしていたと思います。


ですが、核家族化が進む現代の生活スタイルでは
そもそも、仏壇を持っていない家庭が増えています。


従って、最近仏壇を購入した方やこれから仏壇を買おうと思っている方は
正しい仏壇の作法を覚える必要があるのではないでしょうか?


そこで、今回は仏壇に対する作法をご紹介したいと思います。


まず、仏壇には、基本的に朝夕の2回拝む事が望ましいとされています。
その為、お茶又はお水と一緒に炊きたてのご飯を仏壇に供えます。


ここで気を付けるポイントは、炊いたご飯の一番最初に注ぐご飯をお供えする事です。
家族のご飯をよそってからではダメです。


なぜそういう事をするかと言うと、ご先祖様に対する「感謝」の為に行ってます。
毎日、おいしいご飯が食べられるのも、ご先祖様あっての事ですので
出来立てのご飯を最初に召し上がるのは、ご先祖様になる訳です。


仏壇にお供えをしませたら、仏壇の前に正座し軽く一礼をしてから、ろうそくに火をともします。
そして、線香に火を付けます。


その上で、鈴(リン)を2回鳴らし、合掌し、深く礼をします。
その際、鈴をどのように鳴らせばいいのか困る人もいるのではないでしょうか。


鈴の内側を軽く鳴らすのがマナーになっています。
これらを朝夕2回行う事が仏壇の正しい礼儀作法になっています。


またお供えとしたご飯は、ある程度時間が経ったらすぐに下げても良いと言われています。
そして、そのご飯を頂く事で、徳が付いて健康で暮らす事ができると言われています。


よくご飯がカピカピになるまで、挙げっぱなしな方がいますが、それではせっかくのご飯が無駄になります。
また、そのまま捨てる方もいますが、徳を捨てる事にもなりかねませんので、召し上がってください。


次に、仏壇の扉は、基本的に昼間は開けた状態にしておきます。
そうする事で、仏壇の天敵でもある湿気を防ぐことが出来ます。
ただし、就寝時には、扉を閉める事が多いようです。


これらが、日ごろの仏壇を拝む流れとなっており、仏壇のある家に住んでいる限り
毎日、行う事をになります。


また、友人や知人、ご近所から頂いた食べ物なども先に仏壇にお供えします。
例えば、季節の果物や豊作物、お米や野菜・お菓子などです。
お供えをしてから、家族みんなで召し上がります。


毎日、仏壇にする事の中で特に気を付けてもらいたいのがあります。
それは火の取り扱いです。


そうそう仏壇に燃え広がる事はほとんどありませんが、お線香など
ちゃんと香炉に刺さってなければ、何かの拍子に床へ落ちてしまいます。
お線香をあげる際は、しっかりと香炉に刺しましょう。


また、火に関しての作法もあります。
ロウソクの火もそうですが、線香に火を付けた時に、火が付いたままの事が多々あります。
その火を消す時に息で消す事はしないで下さい。
必ず手などで仰いで火を消すようにする事が大切です。


以上が、仏壇における作法になります。
その他、地域や宗派によっては、多少の違いもあると思いますので
菩提寺がある方は、ご住職に聞いてみたり、ご近所や親戚などに聞く事もおすすめします。