香典返しの時期や品物、金額などについて

香典返しを渡す時期はいつが良いのか?


香典返しの時期

香典返しの慣例は地域によって異なります。
例えば、葬儀当日にお焼香のみの方には、お焼香が終わってから、お帰りの際に香典返しをお持ち帰り頂いたり
精進落とし(お斎)の席に着いた方には、席の脇にあらかじめ用意しておくところもあります。


東京の場合、葬儀会社や地区によっては若干変わる部分もあると思いますが、葬儀当日には香典返しを用意せず
四十九日や1ヶ月後など、忌が明けたぐらいの頃に葬儀会社やデパートなどより宅配便で香典返しを届けたりするようです。
この場合、香典の額に応じて、それぞれ香典の額の半返しになる様に香典返しを決めて送るようです。


最近の葬儀では、さらなる簡素化が進んでおり、とある葬儀会社では会費5,000円で香典返しは無しという所もあるようです。
この場合、親戚は会費とは別に香典を包むケースもありますので、香典返しは無しという内容でも
状況的に用意した方が良い場合もありますので、その際も忌が明ける四十九日などに用意されるのが良いと思います。


このように地域で慣例が異なりますので、あらかじめ親戚などに、どのようにしたらいいか良く相談してから
葬儀内容を決める方が良いと思われます。
宗教によっては、さらに慣例がそれぞれ異なる事も大いにあり得る話ですので、親戚も含め良く相談する事。


出来れば、生前中に大凡でも良いので、葬儀をどういうスタイルで行うか話し合いをするだけでも
後々訪れるであろう最後の時に、慌てずに葬儀の準備を進めまれます。






香典返しの品物を選ぶポイントとは?


香典返し選ぶポイント

香典返しとは、お通夜や葬儀の時に頂いた御香典へのお礼という意味で行われます。
頂いた香典の額の半分の額を、香典返しとして贈るのが、一般的な常識となっています。


今では、香典返しの品物を葬儀会社が用意してくれるところがほとんどになってきました。
その為、葬儀の打ち合わせの時には用意してある香典返しのカタログを見て、その中から選ぶ流れになっています。


ただ、葬儀自体、急に訪れる状況になってしまうので、その時にすぐ用意できるような品が大体になってしまい
基本的には種類は少ないですが、その分選びやすいと言えます。


また、香典返しの品物を選ぶ際に気を付けたいポイントがあります。
それは品物の種類です。


結婚式などは、祝福事ですので返礼品などは後に残る様な品物を選ぶのが良いとされています。
葬儀ではその反対で、基本的には後に残らない物、使ってなくなる物を選ぶと良いと言われています。
ですので、食品や洗剤などが多く選ばれます。


良く選ばれる食品に関して、地域にもよりますが一般の方向けには、お茶やコーヒーなどのお湯を注いで飲むタイプの品物が定番になっています。


一般以外の方用には、お菓子や佃煮、缶詰など、一般用に用意してある品物にプラスして用意する場合と
全く内容が違う物で用意する場合とで分かれますが、基本的には残らない品物が中心になります。
ただし、少し気を付けたい品物があります。


それが、重たくなる品物です。
例えば、油や調味料、ジュース、粉洗剤、液体洗剤などは重量があり、持ち運ぶのが大変になってしまいます。
他と合わせて入れたとしても、1品に抑えておくのがよろしいと思います。


また、いくら香典返しと言っても、貰って嬉しい品物が良いと考えるのであれば
カタログギフトを使うのも便利です。
それぞれの金額にあったカタログが用意されているので、たくさんの品物の中から
気に入った物を選んでいただければ、不満を与えないお香典返しが出来ますので、方法としては良いのではないでしょうか?






香典返しが不要な場合の対処法


香典返し不要

ご遺族に負担を掛けたくない、又は公的組織のため香典返しを受け取ることが禁止されているなどの理由で
香典は渡したいけれど、香典返しは辞退したいという方が増えてきています。


では、香典返しを辞退する場合、具体的にどのようにすれば良いのでしょうか?
辞退する時の方法とマナーをご紹介致します。


まず辞退するにあたり、なにをしたらよいのかですが、香典袋の裏側にある住所や氏名の脇
またはお金を入れる中袋の裏側に香典返しを辞退する旨を一言書き添えます。


具体的な文例として「誠に勝手ながら香典返しはご辞退させて頂きたくお願い申し上げます」
「お返しなどのお気遣いは不要でございます」
などと丁寧に書くようにしましょう。
そうすることで、相手のご遺族に不快な思いをさせることなく香典返しの辞退を伝えられます。


また、香典の金額を香典返しに値しない金額(相場の金額よりも少なめの額)にすることも
ご遺族に対する配慮とも言えます。
香典の金額が大きいと受け取ったご遺族は、香典返しを辞退したいと書かれていても
そのままには出来ないと思ってしまう可能性があるからです。


そして、親しい間柄であったりしても、口頭で香典返しを辞退する旨を伝えることは避けた方が良いかもしれません。
ご遺族としては、葬儀で大変忙しい状況にあります。


口頭で香典返しを辞退したいと聞いたとしても、忘れてしまったり、誰に言われたかを確認出来なかったりそもそも社交辞令なのか、理由があっての辞退なのかが分からず、混乱しかねません。


そのため、口頭で伝える場合であっても、必ず香典袋に香典返しを辞退する旨を明記しておくことが
ご遺族に対して、親切と言えます。


明記しておく事を忘れないように気を付けましょう。






香典返しが自宅に届いた時のお礼状について


香典返し礼状

親戚や知人の葬儀へ参列された際の香典に対し、「香典返し」が宅配便などで自宅に届く場合があります。


香典返しに対して、改めてお礼はしない事が、ベターとされていることが多いと思いますが
折角お気持ちを返されたご遺族に対して、何も連絡を取らないというのも「どうしたら良いものか…」
悩まれる事があると思います。


香典返しが届いた事に対する連絡は、「お礼」の言葉ではなく
お悔みの言葉を中心に香典返しが届いた事を伝えるのが1つのマナーになりますので
覚えておくと良いのではないでしょうか。


香典返しというものは、「お香典へのお礼」の表れなので、それに対して更にお礼をするとのいうのは
お礼に対して更にお礼を言う形になってしまいます。


不祝儀はありがたい場面ではありませんので、お礼の言葉は逆に不謹慎になります。
しかしながら、ご遺族からすると「香典返しはちゃんと届いたのか?」と不安になるのも事実です。


その為にもマナーとして「香典返しが届きました」の意味を含め連絡するのが良いと言えます。
その場合に気をつけたいのが、「ありがとうございます」などのお礼として良く使う言葉を思わず使ってしまう事です。


この場合の適切な言葉は「お気遣い恐れ入ります」や「お心遣い頂戴いたしました」などの言葉で伝えるのが
相応しい連絡になりますので、連絡の際には気を付け下さい。


会社関係などでは、直接香典返しを手渡されるケースも多く、その場合は
「このたびはご愁傷様でした。お気遣い恐れ入ります」がベターであると思いますが
このようなケースでは「ご丁寧にありがとうございます」でも良いかと思います。
受け取った香典返しに対しての「ありがとう」ではなく、お気遣いに対しての「ありがとう」となるからです。


基本的には、香典返しにお礼は必要ありません。
しかし、ご遺族からすると宅急便などを用いて香典返しを送った場合に、届いただろうか?と不安になることも
考えられますので、電話やはがきを使って「お気遣い恐れ入ります」や「お心遣い頂戴いたしました」など
連絡を入れることがマナー
と言えるでしょう。






香典返しの金額はどのぐらいが良いのか?


香典返し相場

人が亡くなれば葬式など、やらなければいけない事が多く発生し、悲しんでいる暇もないのではないでしょうか。
葬儀内容を決めたり、各自に連絡をしたり、申請しなければいけない事など、一気に慌ただしくなります。


また、葬儀においては参列される方に備えて香典返しの準備も行わなくてはなりませんし
香典返しも相手に失礼が無いような相場で用意しておかなければなりません。


では、香典返しの相場はいくらくらいなのか紹介します。


一般的な相場は2~3千円程と言われています。
これは、一般の方の香典相場が3~5千円に対しての半返しの金額です。


ですが、参列者の中には、こちらで用意した香典返しの倍額以上の香典を包まれる方もいらっしゃいます。
そのような大きな金額をいただいた場合は、忌明けとなる四十九日過ぎに、改めてお礼の品を用意します。


予算は大体お香典の半額から当日返しの分を引いた差額分を用意するのが一般的となっています。
しかし、身内や親族からいただいた高額のお香典に対しては必ずしも半返しが必要ではないとするところもあります。


親族や身内からのお気持ちになりますので、ありがたく受け取っても問題無いですが、不安であれば半額に近い物を
用意するのも1つの方法です。


以上が一般的な香典返しの相場になりますが、住んでいる地域によっては違う仕来りや風習などあるかもしれません。
そういった場合はそのしきたりに合わせてください。


香典返しは今後の親戚づきあいに影響する可能性があるので、特にしきたりの厳しい田舎の方では
しっかりと守った方が今後の付き合いのためには良いです。


この様な相場を知らないと、いざその時に焦ってしまうのでお葬式になる前に知っておくと良いでしょう。
そして、香典返しが必要になったときに慌てないでしっかり対応出来る事が理想です。
知識として知っておいた方が良いと思います。