改葬とは?掛かる費用・土葬などの場合について

改葬とは?改葬の基本知識


改葬とは

改葬とは、お墓のお引越しのことです。
お墓を引越すなんてと思われる方もいらっしゃるかもしれません。


先祖が眠るお墓を、先祖と関係ない土地に引越すことに抵抗を感じる方もいると思います。
しかし現代の生き方は、今まで育ったふるさとでは仕事がない、生きていくために都会を選ばざるおえなかった
もしくは都会から田舎くらしに生活を変えたなど、ふるさととは別の場所で生きていかなくてはいけない現実があるのです。


お盆、お彼岸とお墓参りをするのが昔からの習わしですが、現代の生き方において、お盆も仕事なんてことは珍しくありません。
お墓が遠方の場合はお墓の管理もできません。
そしてお墓と家族の向き合い方が変わってきたこともあると思います。


お墓参りできる人が選んだ場所に、新しくお墓を建立して、いつでもお墓参りできるようにしたり
お墓の管理を自分の手で守っていくという考え方、将来そのお墓に自分が入れるように先祖のお墓を引越します。


お墓の引越しと簡単に言っても、それなりの費用や手続きはあります。
お墓のある市町村で改葬許可申請書を発行してもらい、既存のお墓のあるところ、お寺、霊園などで作ってもらいます。


今度は新しく建立したところで、受入証明書の発行をしてもらうのです。
なので改葬は、まず新しいお墓が決まっていないとできないのです。


新しいお墓が決まり、手続きに必要な書類を用意をして、魂抜きをしてから既存のお墓の撤去
ご遺骨を新しいお墓に運び、新しいお墓には魂入れをしてから納骨という流れになってきます。


改葬は、それなりに費用はかかります。
遠方の場合は、直接行かなくても手続きをしてもらうことはできます。
ご遺骨については運んでもらうことも可能な所もあります。


改葬は、考え方によって意見が違うかもしれませんが、行きたいけど遠くていけない
いつもお墓のことを考えるけど遠いなど、お墓のことを考えるのなら、改葬していつでもお墓参りできる生活もいいと思います。
改葬とは、先祖のお墓を守るだけでなく、将来、自分のお墓になることも考えなくてはいけないことだと思います。






改葬に掛かる費用について


改葬_費用

お墓のお引越しを指す「改葬」ですが
家族の生活によってはなかなかお墓参りが出来ずに、維持だけかかってしまうという方がいらっしゃるようです。


側に先祖がいて欲しい、お墓参りを頻繁にしたいと思う方は、お墓の引越し、改葬を考える方が多いのではと思います。
改葬は、まずお墓の撤去費用がかかります。お墓は更地にして返すことになっているのです。


これは石屋さんにお願いしますが、地域、業者によって様々です。
だいたい一般的なお墓で、30万円前後くらいからが多いようですが、東京と地方だと値段が違うようです。


次にお引越しですから、新しい墓地の建立が必要です。
ご存じの方も多いと思いますが、お墓の建立には相当な費用が掛かります。
例えば東京23区内の場合、300万円前後からがほとんどです。


地方ですと、また金額は変わりますが、基本的に自動車を購入するのと同じ額になると考えた方がいいでしょう。


次に、お墓を撤去する際の魂抜きと新しいお墓に入る時の魂入れを行います。
この際、両方にお布施が発生します。


納骨は石屋にお墓を開けてもらわなくてはいけないので、3万円から5万円くらいかかります。
お墓がどこからどこへと引っ越すかにもよりますが、例えば、広島県から東京23区内に引越す場合の例を紹介すると


お墓撤去料30万円、魂抜きお経お布施代3万円、お骨を送ってもらう場合は送料2万円、お墓建立代320万円
魂入れお経お布施代5万円、納骨のためのお墓を開ける費用が5万円となります。
合計が365万円となります。


先祖からのお墓をこれからどうやって付き合っていくのかという考え方が大事だと思います。
ただし、上記のように多額の費用が掛かるので、家族、親戚の方々とよく話をして、それぞれの意見を聞くようにするのが良いでしょう。






改葬の土葬について


改葬_土葬

核家族化が進む現代の生活において、お盆やお彼岸などに帰郷し、お墓参りをされてる方は増えていると言われています。
そんなお墓参りについて、現在住んでいる所から故郷のお墓までの移動距離が物凄く遠い方などは「改葬」という事も少なからず、考えたことはあるのではないでしょうか?


もし、改葬を行うとした場合、今の火葬にてお骨になっているのであれば、比較的スムーズに段取りができますが
故郷のお墓が土葬となるとどうでしょうか。


土葬とは故人のご遺体をそのまま土に埋め、ある意味で土に還すという方法になります。
とすれば火葬でお骨にして骨壷で持ち運んで移動、というような“行いやすさ”はないでしょう。


そもそも土葬の改葬というのは認められるものなのでしょうか?
土葬は衛生の観点から、すでに禁止されているので、もう土葬の改葬なんてないのでは?と思われる方がいると思いますが、今の火葬になる前は土葬も行っていた訳ですから、先祖代々お墓を守られたご家庭では、当時の土葬のお墓が残っていることがあります。


そういった状況を踏まえて、土葬の改葬は認められています。


しかしその手順となると、火葬よりもはるかに手間と費用がかかるもののようです。
故人を土に還すという土葬を改葬するとき、直面する問題点とはどのようなものがあるでしょうか。


まず土葬の改葬において重要なのは、移動させる前段階でご遺体を火葬にして、骨壷に入れなくてはならないということです。
これは自治体の条例で決まっている法的なルールです。とすればまず土葬された遺体を掘り起こすという作業から始めねばなりません。


ご遺体は土葬後数年であれば、原型を留めています。
ですが、15年以上ともなると遺体は土に還ってしまい形として残っていないケースがあるようです。


ですので、土葬後の年数によってご遺体を掘り起こすという作業の困難さは変わってきます。
当然時間と費用も変わってきます。
また山間部の農村などでは山の頂に土葬をするというケースもあり、場所によっても費用は変わってきます。


実際には業者に依頼することになりますが、業者といっても遺体を掘り起こすという特殊業務に対応できるとも限りません。
そのような特殊業務に対応できる業者を探すことから始めなくてはならないということです。
このような問題点を念頭に入れて、土葬の改葬計画を決定しなくてはなりません。


そして無事、掘り起こす事が出来たならば、次は火葬を行い骨壺に収めなければなりません。
骨壺に収めて初めて改葬の手続きを行います。


この様に、土葬の場合の改葬には時間と労力とお金が、一般的な改葬よりもはるかに掛かります。
もし、土葬の改葬を行うのであれば、“余裕”を持って行われる事をおすすめします。