戒名とは何か?金額や生前に貰う方法について

そもそも“戒名”とはいったい何なのか?


戒名とは

戒名は本来、主に家庭を捨てて出家する修行者となり守らなければならない戒律を受け入れた弟子が
師と仰ぐ僧侶から授かる名前のことでした。


そして、死後に浄土で仏になるという浄土思想が生まれてきて、亡くなられた方が浄土に往生するようにと
菩提寺の住職から戒名が与えられるようになりました。


一般的に戒名と呼ばれていますが宗派によって違う呼び方がされていて
浄土真宗では法名(ほうみょう)といい日蓮正宗を除いた日蓮宗系は法号(ほうごう)といいます。


戒名のつけ方は亡くなられた方に関連する文字の二文字で表し
それに院号や動号・位号などが加わって合わせて戒名といいます。


院号は、元々天皇が譲位や隠居した後に居住された場所を院と呼んでいましたが
後に公家や武士が使用するようになり、江戸時代には院号を金銭で買えるようになりました。


明治時代になって大富豪や政治家も院号を使用するようになり、今では寺院を建立したり
菩提寺に貢献するなど仏教徒としてつくした人や社会貢献を尽くした人などに、戒名の最上位につけられるようになっています。


因みに最初に院号を贈られた天皇は嵯峨天皇(さがてんのう)と言われています。
動号は、本来中国において寺院やお堂に篭って修行を行い、仏教を修得した僧侶を呼ぶ尊称でしたが
日本に伝来してからは故人の尊称として二文字の戒名の上につけられるようになりました。


位号は二文字の戒名の下につく尊称になります。
仏教徒としての位を表し、性別や年齢・地位などで異なる名前が付きます。


この様に、本来の戒名の意味合いも時代と共に変わってきています。
その時代と変わりゆく戒名の価値観を知る事でより戒名に対しての深みが出てくるのではないでしょうか。






戒名にある院号とは?


戒名 院号

戒名や法名の中で院が付いているものを院号と言います。
この院号は、戒名の中でも上位とされており、昔は社会貢献した人やその寺院に貢献した人などに
付けられる名誉
あるものになっていました。


そんな名誉ある院号でしたが、最近では寺院への貢献度を測る目安として、お布施の額と言う事が一般的な風習になってしまい
社会貢献や寺院への真の貢献度ではなく、お布施の額を基準に院号が付けられる事が多くなっています。
その為、院号=お金と言うイメージが強く、お金持ちの人が院号を付けるといったイメージに変わってきています。


また院号とは関係なく、誰にでも付けられる位号においては、性別や年齢、そして地位によって変化するものになっています。
例えば、子供の場合は童子・童女、孩子・孩女、嬰子・嬰女。

大人の男性、女性の場合は、位が高い順に大居士・清大姉、居士・大姉、禅定門・禅定尼、清信士・清信女、信士・信女。
女性の場合は、姉や尼、女と言う文字が使われ、男性の場合は士と言う文字が使われるようになっています。


その為、それらの文字を見て、故人が男性だったのか女性だったのか、また子供だったのか
と言った判断を行う事が可能になっています。


このように、戒名を見るだけで、位の高さや故人の性別などをも確認する事ができるようになっています。
その上で、位号のように付け方が明確なものや院号のように少し不透明なものまであると言えるのです。






戒名に必要な金額は大体いくら?


戒名 金額

ご実家に仏壇があるならば、そこに置かれている位牌を手に取って見てみましょう。
表に「●●信女」「▲▲居士」と言う風に、聞きなれないながらも荘厳な『戒名』が書いてあります。


位牌の裏には、故人の生前の名前と没年時の年齢などが書いてあるので、これがあの人か、とわかると思います。


この戒名は、故人が亡くなって仏門に入り、戒めを受ける身となったことを示すためにつけるものです。
本来はお坊さんとして出家する際につけ、名を改めていたことに基づくものですが
現代では死後に菩提寺や僧侶によってつけてもらうことが一般的になっています。


もちろん、生前に自分の好きな戒名をつけてもらうこともできます。
その戒名ですが、お通夜の際に枕経をあげてくれるお坊さんにお願いし
葬儀の際には白木の内位牌に書きいれられることになります。


戒名をお願いする際にお坊さんに渡すお布施の額によって、戒名のランクは変動し
仏教の各宗派によってもそのカテゴリー別料金体系は異なってきます。


おおまかな枠ですが
例えば20万円から30万円~程度のお布施だと一番低いランクの戒名「信士」「信女」になり

その次の「居士」「大姉」50万円以上

一番高ランクの「院居士」「院大姉」を得るには100万円以上のお布施を払う必要があります。


とは言え、ランクが低いからと言って悪い戒名がつくようなことは全くありません。
あくまでも、お寺に対しての寄付額や、生前どれだけお寺を支援していたかによって決められるものなので
さほどこだわりを持たずにシンプルな低ランクの戒名でも問題はありません。


最近は菩提寺を持たない人も増えていることから、ネットを通して僧籍を持つお坊さんに戒名を頼むサービスも存在します。
こういったいわばお坊さんの派遣では、戒名も数万円~と破格のお布施で授けられますが
家族や先祖代々のお墓・菩提寺がある方は必ず相談するようにしましょう。






戒名は生前にもらうことが出来る?


戒名 生前

戒名というのは、今では亡くなってからつけてもらうというのが一般的な慣習になっているかと思われますが
本来の意味合いは違います。


戒名は生前からつけてもらうというのが正しいのです。
そのため、生前に戒名をもらうということができるのか?どうか気になっている人もいると思うのですが
これは問題なくできます。


生前に戒名をもらう方法としては変わった部分はないですが
菩提寺や檀家となっているお寺に戒名を依頼するというのが1番自然な流れになります。


菩提寺がない場合の方は、納骨するお寺にお願いするのが良いでしょう。


気になるのは費用についてですが、お寺や地域によって異なります。
ですが、生前戒名の方が相場が安いとされています。
位によって幅がありますが、約5万円~40万円程度と言われています。


また、生前戒名では自分の好きな文字で授かる事がでいるので
終活の1つとして行っている方もいらっしゃいます。


生前に戒名をもらう場合に気を付けたい事がいくつかありますのでご紹介します。


まず、生前に戒名を授かったのであれば、その事を家族に伝える事が大事になります。
例えば、生前に戒名を授かっていた事を全く知らされていない家族がその方の葬儀をした場合
普通であれば、僧侶に戒名をもらおうと相談してしまいます。


相談先が、菩提寺であれば大体控えがあると思いますので、判明できると思いますが
葬儀を執り行うとなった場合は、そこまで頭が回るかは非常に難しいところです。


菩提寺の住職もそこまで頭が回らなかった場合、戒名料を二重に請求する恐れがあるので
必ず、ご家族の皆さんに伝えるようにしましょう。


次に、墓地にある墓誌にもらった戒名を彫る事です。
生前の戒名と死後の戒名では、大きな違いが実はあります。


生前の戒名の場合は、墓誌に彫った後、その戒名の文字を朱文字(赤色)にします。
これは、生前に授かった戒名である事を意味しています。


これをしておけば、仮に生前戒名をもらっていた事を忘れてしまった場合でも、朱文字の戒名があれば
確認する事が出来ます。


最後に一番重要なのが、菩提寺がある場合は、その菩提寺に生前戒名をお願いする事です。
記事のはじめでも書きましたが、菩提寺がある方の場合はそれが普通の流れです。


ですが、仏事の事をよく知らない若い世代だと、金銭面に走ってしまい
戒名料が安いお寺にお願いしてしまう場合があります。


日常生活で、仏事を知るきっかけがあまり無い為に、知らないまま、その時を迎えてしまうので
金銭面で判断してしまう事になるのだと思います。


先祖代々お世話になっている菩提寺がある方は、菩提寺に失礼がないよう自分の子供たちに常日頃から
仏事を知る機会を与えるのも重要と言えます。


仏事は決してタブーな事ではないのを頭に入れておきましょう。