施餓鬼の意味やお布施・服装など教えます

施餓鬼の意味とは?


施餓鬼 意味

8月のお盆(盂蘭盆)の時期になると、ご先祖様のお供養にともない「施餓鬼」供養で、お寺の僧侶達は忙しくなります。


よく、仏閣の屏風や掛け軸などで地獄絵図を見かけます。
その中には生前に犯した重い罪のせいで、哀れな醜い姿となり、鬼たちに折檻を受けて苦しんでいる「餓鬼(がき)」の姿があります。


施餓鬼はこういった飢えや渇きに苦しむ餓鬼たちにお供物を施し、その成仏を助けてあげたり
新盆の時に餓鬼が故人の魂の帰りを邪魔しない様にお願いするという意味の供養です。


お盆の時期には、この世に舞い戻ってくる亡くなった家族の魂や
ご先祖の霊をもてなすために精霊棚を設置して盛大なごちそうなどをお供えします。


この時一緒に、未だ成仏できずに苦しんでいる餓鬼にも供養を施そう、というタイミングで施餓鬼供養が行われるのです。
実際にどういったことをするのかは、お寺の宗派や地域によって異なってきます。
盂蘭盆は家族やご先祖など、つながりのある霊にむけてのご供養であり、この時期特有のご供養です。
ここで一緒にしてしまうことが多いので、施餓鬼もその都度する家庭やお寺もあります。


いずれにせよ、檀家寺から施餓鬼供養についてのお知らせが来ますので、そちらによく沿って準備をするようにしましょう。
お宅にて供養を行う場合は、施餓鬼料に加えてお布施を僧侶に渡します。
一緒に行うお盆の供養とは別に考えて下さい。


また、お盆とは時期を外した時期に施餓鬼を単体で行ったり
お寺に檀家さんを集めた形で盛大なミーティング形式で施餓鬼供養を行うお寺もあります。






施餓鬼のお布施はどのぐらい?


施餓鬼 お布施

特に時期的に決められてはいないのですが、都合上、盂蘭盆会と一緒に行うことが多い「施餓鬼供養」
成仏できぬまま、地獄で飢え渇きに苦しみ続ける餓鬼の霊をなぐさめる、という意味があります。


お盆の時期にあの世から帰って来る故人の魂を供養し、そこでついでにこういった浮かばれない餓鬼たちの
霊をも一緒に供養して成仏してもらおう、という言わばボランティア精神的な性格のお供養と言えるでしょう。


この施餓鬼供養の実施については、宗派によってかなり異なってきます。
そのそも餓鬼の存在を認めていないので施餓鬼が存在しない宗派もありますし
一方で檀家がお寺に集結する大切なイベントとして機能しているところもあります。


一般的には、僧侶が各ご家庭を訪問してお経をあげる、というスタイルなのですが、この際にはお布施を用意します。
施餓鬼供養の相場は、3000円~10000円程度ですが、お寺から施餓鬼供養料としてはっきりした金額が明示された場合は
もちろんそちらを優先させましょう。


お盆に行う盂蘭盆会の法要と一緒に行うことが多いので混同しがちですが、お供養としては全く別物ですので
もちろんお布施は別に包みましょう。


また、お盆時期に、お寺にお願いしてお墓の裏側などに立ててもらう卒塔婆(板塔婆)に関しても
お盆のものと施餓鬼用のものとがあります。


こちらも1本2000-10000円ほどのお布施を「卒塔婆代」として包みます。
施餓鬼供養の御布施とは別にして渡すようにしましょう。”






施餓鬼の時の服装について


施餓鬼 服装

8月、めぐり帰って来る死者の霊を迎えておもてなしするのが「お盆」です。
各地で様々なお祭りが行われる時期でもありますが、個人宅では仏壇わきなどに精霊棚(盆棚)をしつらえ
お供え物を置いて、僧侶にお経をあげてもらう法要を行うのが一般的です。


このお盆の供養に合わせて行われるのが施餓鬼供養です。
一緒にしなければいけないと言う決まりはないのですが、ご先祖様に対する供養とは別のものとして認識するようにしましょう。


この施餓鬼供養に出席する場合、どんな服装をしたらいいのでしょうか。
施主は法要を取り仕切る長として、やや正式に略礼服で臨みます。
お客さんを呼んで行うような場合は、やはりいくばくかのフォーマルさは必要です。


そうではなくて身内だけでの場合なら、施主以外はお葬式や四十九日法要ほどに改まる必要はありません。
ですが、やはり亡くなった方への礼儀として、派手な格好やビビッドすぎる色の服装
暖色系の目立つコーディネイトは避けるべきです。


目立たない色合いの落ち着いた服装、砕けすぎない平服くらいのコードが適しています。
仏教法要ですので、数珠は必ず持参するようにしましょう。


またお盆とは別に、お寺が檀家さんを一同に招いて大掛かりに施餓鬼法要を開催するところもあります。
こちらも家で行う場合同様、さほどかしこまる必要はありませんが、前述通りに派手派手しいいでたちは避けましょう。


周囲の檀家さんに合わせた格好をするのが一番ですが、どうしてもよくわからなくて困ってしまった場合は
お寺に問い合わせる方が確実です。






川施餓鬼とは?


川施餓鬼

仏教の年中イベントの中に「施餓鬼法要」というものがあります。
お墓のある菩提寺から、施餓鬼法要に関するお知らせをもらった方も多いのではないでしょうか。


一般的に施餓鬼法要とは、浮かばれないまま生前の重罪や欲・煩悩にとりつかれた醜い姿で
飢えや渇きに苦しむ責めを負い続ける『餓鬼』という亡者の魂を慰めるための供養です。


8月の盂蘭盆のお供養と、一緒に行われることが多いので混同してしまいがちですが、実際には全くの別物なので注意しましょう。


お盆の供養は、すでに成仏して浄土にいる故人の家族やご先祖様の霊が
この世に「帰省」するのをお迎えする、という意味です。


対して施餓鬼供養は、ゆえんのない無縁仏としての霊などをも博愛精神で供養するという趣旨です。


精霊棚にお供え物を設置してお坊さんに読経をしてもらう、というスタイルが共通していることから
一緒に行ってしまう家庭が多いのですが、この施餓鬼供養は執り行った人の生前の徳を高める行為とされ、奨励されています。


この施餓鬼ですが、日本では戦乱や自然災害などに巻き込まれて人知れず亡くなっていった
そういう霊を慰めるという性格を持ってきました。


この傾向が顕著なのが、川で水難に遭って亡くなった人たちの霊を供養する「川施餓鬼」です。
各地で夏のお祭りとして盛大に実施されており、川岸や船上においてこの施餓鬼供養を行います。


特に大阪市・正蓮寺の川施餓鬼は、市の指定無形民俗文化財となるほどに有名です。